理美容業界の展示会会場の当店のスタッフ達

これは、理美容業界で使用する器具や機械の見本市の会場で、Caratのスタッフが集まった時の様子です。

名古屋では、年に2回程度、いろいろな理美容機器のメーカーが集まって、大規模な展示会が、開催されます。

今回は、理美容業界の、器具や機械の展示会の様子を、お伝えいたします。

整髪料の展示ブースでスタッフの説明を聞く美容師

これは、展示会場の、整髪料を販売するメーカーの展示ブースの様子です。

美容師らしき女性が、スタッフの方から、商品の説明を受けています。

こういった展示会では、最新の整髪料や化粧品、そしてパーマ液やヘアカラー剤なども出展されています。

流行に敏感な、我々のような理容師や美容師は、このような展示会場で、新情報の収集をします。

ちなみに、こういった展示会では、整髪料や薬剤は、値引き販売をされる事は少ないです。

来場者は、商品の値引きよりも、新商品の情報を期待しているからです。

 

展示会で陳列してある理美容で使用する薬液

この画像の様に、いろいろなメーカーが、多様な商品を展示しています。

大きな容器に入ったものは、化粧水やシャンプーの業務用サイズの商品です。

一般家庭の人が購入したら、きっと1年では使い切る事はないでしょう(笑)。

理容室や美容室は、パイロットマーケットといって、メーカーが、市販のシャンプーやリンスや整髪料などを発売する前の、市場調査的な役割を果たしています。

だから、理容や美容の展示会では、一般市場では見たことがないような、新しい商品を見かけることが多いのです。

こういう展示会ですが、残念なことに会場の規模が年々縮小しています。

現在は、美容室の出店件数は、過去最高の規模になっているのですが、仕入れをインターネット通販に切り替える店舗が増えてきたことや、業界自体が、あまり景気が良くない事が原因のようです。

 

理美容の展示会で並べてあるサインポールの画像

これは、理容室でおなじみの、サインポールを展示している様子です。

このサインポールは、床屋さんが、後継者不足で減少していることから生産が縮小しているとの事です。

近頃は、床屋さんが減ってきて、美容室ばかりが目立つようになってきました。

理容室のオーナーとしては、とてもさみしいことです。

このサインポールですが、平均すると一本5万円程度で購入する事ができます。

どれも同じに見えますが、実は細かい所が進化していたりもします。

以前のサインポールは、中の点灯する部分に、蛍光灯を使用していましたが、最近では、LEDを使用した物も増えてきました。

点灯する部分をLED化にするのは、省エネという目的よりも、点灯する部分を交換する機会を少なくするためです。

サインポールの中の蛍光灯の交換は、とても大変な作業で、交換の時には、本体を全て分解する必要があるからです。

バリカンを展示している様子

この画像は、カットをする時に使用するバリカン(クリッパー)を展示しているコーナーです。

理容師が、カットをする時に使用するバリカンは、かつては耐久性の高いバリカンが使用されていました。

耐久性が高いバリカンは、非常に丈夫で性能も良いのですが、とても高価で3~4万円します(バリカンの刃は別売りです)。

しかし最近は、美容師もバリカンを使用するようになってきて、2万円程度で刃もセットで購入できる安いバリカンも増えてきました。

上の画像は、そんな低価格のバリカンが陳列されている様子です。

理容師も、こういった安いバリカンを購入する事はありますが、あくまでも補助的に使用をするだけです。

なぜなら、理容師がメインで使用するバリカンは、10年以上の耐久性がありますが、安いバリカンは、大体2年程度で故障してしまいます。

その上、切れ味が全然違うからです。

理美容師が使用するハサミの即売会場

こちらは、理容師や美容師がカットをする時に使用する、ハサミの即売コーナーの画像です。

やはり、理容師や美容師は、習性としてハサミが大好きです。

この日も、このハサミの即売会のブースは、人が集まっていました。

ここは、ハサミの即売コーナーなので、かなりお値打ちにハサミ販売されていました。

例えば7万円のハサミが3万5千円とか・・・・。

一般の方から見ればそれでも高いと感じるでしょうが(笑)。

エステで使用する機械の展示コーナー

この画像は、Caratのお客様には、おなじみのスチームマシンです。

この機械は、主にエステやシェービングをする時に使用する機械です。

スチームマシンは、とても高価で、画像を見ればお分かりの通り、特売でも1台55万円します。

Caratでは、この機械を3台使用しているので、合計で約180万円という事になります。

スチームマシンは、とても高いのですが、この機械を使用するのとしないのでは、シェービングをした後のお客様のお肌の具合が全然違います。

だから、価格が高いだけの価値はあります。

しかし、この日は、このブースは、あまり人が集まっていませんでした。

やはり景気は良くないのでしょうか?

講習をしている会場の様子

展示場では、商品や機械を展示しているだけではありません。

上の画像は、講師による講習会が開催されている様子です。

講習会の内容は、技術のデモンストレーションとか、座学による講義がありますが、このコーナーでは、育毛についての講義をしていました。

基本的には、メーカーによる新しい育毛剤の販売促進に絡んだ講習ですが、理容師や美容師は、このような講習にも参加をします。

髪を扱うプロとして、新しい情報を集めることは、とても大切だからです。

講義を聞く当店のスタッフ

これは、講義を聞くCaratのスタッフの様子です。・・・一人こちらを見ていますが(笑)

こういう会場で、講師役を務めている人は、サロンを経営している理容師や美容師です。

この人達は、メーカーと契約をして、商品の広報を兼ねて、あちこちで講習を行って、メーカーから報酬をいただきます。

このような、講師の人達を、私たちはエディケーターと言います。

こういう人達のおかげで、私たちも、新商品の情報や新しい技術を知る事ができます。

私は、お店の業務が忙しくて、なかなか講師活動などの時間を取ることができないので、こういう方々は、立派だと思います。

今回は、理美容業の展示会の様子を、お伝えしましたが、いかがでしたか?

皆様は、他業種の展示会に行く機会は少ないと思うので、意外に思ったこともあるかもしれません。

いつか、もっとくわしく展示会の様子をお知らせしたいと思います。

どうかお楽しみに!!