理美容師のハサミ

上の画像は、私たちがカットをする時に使うハサミです。

いわゆるプロ専用のハサミということです。

随分とたくさんありますが、これらは全て私が所有しているハサミです。

当然の事ですが、これらのハサミは、理容師や美容師以外の人が使うことはありません。

それぞれのハサミをよく見てみると、刃の長さや形が違いますよね。

ハサミの形や長さの違いがある訳は、私たちがカットをする時に、使用目的に合わせてハサミを使い分けるためなのです。

お客様のカットをしていると、時々「そのハサミって、いくらするの?」と聞かれることもありますが、今回はハサミのお値段と、ハサミの種類について解説します。

 

刈り込みばさみ

上の画像のハサミは、刃の長さが一番長いタイプのハサミです。

このようなタイプのハサミを「刈り込みばさみ」といいます。

「刈り込みばさみ」は、私たちが「刈り上げ」という技術をする時に使うハサミです。

「刈り上げ」は、髪が短い男性に多くつかわれる技法なので、「刈り込みばさみ」は美容師よりも理容師がこだわりを持つハサミです。

この「刈り込みハサミ」の切れ味次第で、仕事の効率やカットの仕上がり具合が大きく違ってきます。

「刈り込みばさみ」にこだわりを持つ理容師は、切れ味だけではなく、ハサミの材質にもこだわる事が多いです。

15年位前までは、ステンレス製の「刈り込みばさみ」は2万円程度で購入ができました。

コバルトやバナジウムなどの合金を使ったハサミは、少し割高で最低でも6~7万円でした。

しかし最近では、ほとんどのハサミがステンレス製になりましたが、性能が良いものは、とても価格が高くなりました。

また、ハサミの材質だけではなく、刃の構造によっても価格が違います。

現在では、外国製の安いものだと1万円程度で買えますが、性能が良くないのでベテランは使いません。

一般的な「刈り込みハサミ」は5~6万円で、性能が良いものだと最低でも約10万円です。

 

刈り上げをする様子

意識の高いスタイリストは、大体7万円以上の「刈り込みばさみ」を使うことが多いのですが、品質が良いものは、刃の中間から刃先の部分まで、ムラのない切れ味を持っています。

その上、はさみの切れ味が長く持続します。

切れ味が長く続くハサミの事を、私たちは「永切れするハサミ」と言います。

このようなハサミの切れ味は、刀を作るための日本の伝統技術が生かされているとのことで、岐阜県の関市や大阪府の堺市が産地として有名です。

スキばさみ

次に紹介するのは、「スキばさみ」です。

この「スキばさみ」の事を、「セニングシザー」と呼ぶ場合もあります。

「スキばさみ」は、髪の量を調整する時に使います。

この「スキばさみ」については、以前は、あまりこだわりを持つ人が多くありませんでした。

職人気質のスタイリストの中には、「スキばさみを使わない」という方もいたほどです。

しかし最近では、「スキばさみ」の性能が飛躍的に良くなったことや、ヘアスタイルの創作に不可欠になったので、こだわりを持つ人が増えてきました。

2種類のスキばさみ

上の画像をご覧ください。

写真の上に写っているのは、高級な「スキばさみ」で約12万円です。

下に写っているのは、約4万円の一般的な「スキばさみ」です。

上のハサミは、刃のギザギザ部分が微妙に湾曲しているのに対し、下のハサミは、刃が真っすぐです。

また、上のハサミは、柄の部分が左右が対称なのですが、下のはさみは、左右が非対称です。

この、二つの違いは大したことないように見えますが、この違いによって、カットの仕上がりに大きく差が出ます。

約4万円ハサミは、昔からある一般的なものですが、これを多用すると、ヘアスタイルを仕上げた時に、髪がはねたり質感がない仕上がりになってしまいます。

性能が良い「スキばさみ」は価格が高いのですが、多用しても仕上がりに問題がでません。

むしろ、使うことによって、良い仕上がりになる事が多いです。

 

ミニばさみ

そして、最後に紹介するのは「ミニばさみ」です。

私たちは、この「ミニばさみ」を「カットシザー」と呼ぶこともあります。

「ミニばさみ」は、カット全般に使うハサミで、名前のとおり刃の長さが短く小さいハサミです。

若いスタッフが、カットのデビューをする時に一番最初に購入するハサミです。

「ミニばさみ」は、安い物であれば約1万円で購入できますが、5~6万円の物を使う人が多いです。

 

カットをする様子

上の画像は「ミニばさみ」を使って、チョップカットという技法をしている様子ですが、この他にスライドカット、ブラントカットといった色々なカット技術で使います。

「ミニばさみ」は他のハサミと比べて、使用頻度が高いので非常に消耗が早いです。

だから、僕は「ミニばさみ」に関しては、あまりこだわりを持っていません。

「ミニばさみ」は、高価なもの使わずに、消耗したら、すぐに買い替えるようにしています。

・・・ところで。

僕は、以前はドイツの「ヘンケル」というメーカーのハサミが大好きで、少々高くても使っていたのですが、今では日本製のハサミを使っています。

なぜなら、日本製のハサミの方が品質が良くなったからです。

「モノ作りニッポン」の技術は、このように理美容師のハサミにも生かされているという事なんでしょうね。