理美容師が使用するハサミ一式の画像

この画像は、理容師や美容師が使用するハサミです。

雑然と並べてみましたが、これらは、私が所有しているハサミです。

当然の事ですが、これらのハサミは、ヘアスタイリストが、髪の毛をカットするためのハサミです。

これらのハサミをよく見てみると、刃の長さや形が、それぞれ違いますよね。

ハサミの刃の形状が、いろいろな種類があるのは、お客様のカットをする時に、その使用目的に合わせてハサミを使い分けるためなのです。

お客様からは、時々、「ハサミっていくらくらいするの?」なんて聞かれることもありますが、今回は、そんな、理美容師のハサミのお値段と、理容師や美容師が使うハサミについて、徹底解説いたします。

刈り上げに使用するはさみ

上の画像のハサミは、刃の長さが一番長いタイプのハサミです。

このようなタイプのハサミを「刈り込みばさみ」といいます。

「刈り込みばさみ」は、刈り上げをする時に使用するハサミで、理容師が一番こだわりを持つハサミです。

この「刈り込みハサミ」の、切れ味次第で、仕事の能率や仕上がりは大きく違ってきます。

理容師は、ショートヘアの男性をカットをする機会が多いので、「刈り込みばさみ」に関しては、切れ味だけではなく、ハサミの材質にも、こだわる事が多いです。

15年位前までは、ステンレス製の刈り込みばさみは2万円程度で購入ができました。

高いものでは、コバルトやバナジウムなどの合金製のハサミで6~7万円で購入できました。

しかし、最近では、ほとんどのハサミがステンレス製になり、価格が高騰しています。

また、ハサミの材質ではなく、刃の作りこみや構造によっても、価格が大きく違います。

安いものだと、台湾製のタイプで10000円程度から買えますが、しっかりとした作りの物は、最低でも10万円程度します。

理容師が刈り上げをしている様子

ある一定のレベルのスタイリストは、大体7万円以上の「刈り込みばさみ」を使用しています。

品質が良い「刈り込みばさみ」は、刃の中間部分から刃先の部分まで、ムラのない切れ味を持っています。

その上、はさみの切れ味が、長い期間持続します。

切れ味が、長く続くハサミの事を、私たち理美容師は、「永切れするハサミ」と言います。

この、「永切れ」の技術は、日本刀を作るための伝統技術が、生かされている、とのことです。

スキばさみ(セニングシザー)次に紹介するのは、「スキばさみ」です。

別名を、「セニングシザー」といいます。

この「スキばさみ」ですが、以前は、どちらかというと「陰の存在」のような立ち位置でした。

しかし、最近では、セニングシザーのニーズが高まった事により、こだわりを持つスタイリストが増えてきました。

2種類のスキばさみの比較の画像上の画像をご覧ください。

写真の上に写っているのは、価格が14万円の「スキばさみ」で、下に写っているのは、価格が4万円の、「スキばさみ」です。

上のハサミは、刃のギザギザ部分が微妙に湾曲しているのに対し、下のハサミは、刃が真っすぐです。

また、上のハサミは、柄の部分が左右が対称なのですが、下のはさみは、左右が非対称です。

この、二つのハサミは、ちょっとした違いしかないように見えますが、この違いによって、カットの仕上がりに大きく差が出ます。

下の価格が安いハサミは、昔からある一般的なタイプのはさみです。

価格が安い「スキばさみ」を使用して、髪を、たくさん梳く(セニングをする)と、細かい毛が、ちょろちょろと出てしまったり、質感のないヘアスタイルが、できてしまいます。

新しいタイプの「スキばさみ」は、価格が高い分だけ、そういった欠点が、かなり改善されています。

カットシザーの画像

そして、最後に紹介するのは、「ミニばさみ」です。

別名を「カットシザー」といいます。

カット全般に使用する一般的なハサミです。

「ミニばさみ」は、名前のとおりで、刃の長さが一番短いハサミです。

スタイリストとしてのデビューを迎える見習いのスタッフが、一番最初に購入するハサミです。

「ミニばさみ」は、1万円程度から購入できます。

よほど、こだわりがなければ、5~6万円程度の「ミニばさみ」を使用する、理容師や美容師が多いです。

・・・それでも高価ですけどね(笑)

ヘアカットをしている様子

このハサミは、上の画像の様な、チョップカットという技術や、スライドカット、ブラントカットなどのような、さまざまな技術に使用されるハサミです。

他のハサミと比べて、使用頻度が多いので、消耗が早いハサミです。

だから、ミニばさみに関しては、僕は、あまりこだわりを持っていません。

「ミニばさみ」は、高価なものを使用するよりも、消耗してきたら、早い段階で買い替えをします。

ただ、昔は、ドイツの「ヘンケル」というメーカーのカットシザーが好きで、いつも購入していたのですが、現在では、日本製のハサミの方が品質が良くなってきたので、今は日本製の物を使用しています。

「モノ作りニッポン」の技術は、こういった、理美容師のハサミにも生かされているという事なんでしょうね。