当店の支店の店舗工事の様子

この画像は、Caratの、姉妹店の、南風の新規出店の時の、店舗の工事の様子です。

この段階では、壁はコンクリートがむき出しの状態で床も完成していません。

いわゆる、基礎工事の段階です。

ここから1カ月程度の期間をかけて、出店に至るという訳ですが、理容室や美容室は、店舗工事だけ完了すれば出店できるというものではありません。

今回は、そんな理容室や美容室を出店するためにしなければいけない事を、ご案内いたします。

これから、理容室や美容室の経営者になろうという方には、参考になるかと思います。

店舗の壁を造作している様子

まずは、店舗の工事について、解説いたします。

この画像は、職人さんが、床と天井に使用する木材を選別している様子ですが、こういった内装工事は、お店のイメージを左右する大切な工事ですね。

内装の工事は、お店を出店する時に、誰もが一番こだわりたくなる場所です。

しっかりとお金をかけて、おしゃれなお店を作りたい気持ちになるのですが、実はここで、見落としてはいけないポイントが、あります。

水周りの工事の様子

この画像は、理容室の施術面に隣接する、シャンプー台の基礎工事をしている様子です。

水道工事を伴う工事を、水周りの工事と呼ぶのですが、理容室や美容室は、このような水周りの工事に、多額の費用が必要になります。

給排水やガスの排管の工事は、工事が複雑な上に、理美容室では、高水圧を必要とします。

店舗の立地条件によっては、水圧が低くて、既存の温水器やボイラーでは、十分な水圧を確保できない場合があります。

場合によっては、水圧を加圧するために、加圧用のポンプを設置しなければいけませんが、これは工事が始まってみないとわからない場合が多いです。

また、理容室や美容室は、シャンプーや洗濯などで、大量の湯を使用します。

特に冬場は、大量のお湯を同時に使用する機会が多くなるので、大きなボイラーや給湯器も必要になるのですが、ここの予算をケチってしまうと、とんでもない事になります。

特に理容室の場合は、シャンプーの設備が、美容室よりも多く必要になるので、水道工事の費用が高くなる傾向があります。

「お店の繁忙時やスタッフルームで洗濯機を使用すると、シャンプーの水圧が弱くなってしまう」なんていう事は、よく聞く話です。

水周りには、余裕を持った設計と、予算計画を心掛ける事が大切です。

店舗の玄関部分の工事の様子

そして、これは、店舗の玄関の部分の工事の様子です。

建設業者の人は、「ファザード工事」と呼んでいます。

この場所は、店舗の顔に当たる部分なので、おしゃれに造作をする事はもちろん大切です。

しかし最近では、玄関部分は、セキュリティーにも、十分に配慮をする必要があります。

おしゃれなガラス張りのお店は、店舗の中が良く見えるので、開放的で良いのですが、セキュリティーには問題があります。

閉店後の為に、外側にシャッターを設置しておくことが好ましいです。

また、木製やガラス製のドアは、上品で見た目は良いのですが、いくらセキュリティーの効果がある鍵を採用しても、簡単にドア本体を壊されてしまいます。

きれいで新しいお店は、ドロボーに目を付けられやすくなります。

「店舗荒らしに合って、お店の中を壊されてしまった」

これも、よく聞く話です。

セキュリティーの対策をしっかりとしておかないと、かえって高くついてしまう場合もあります。

保健所の画像理容室や美容室の開業に向けて必要な事は、店舗の工事だけではありません。

お店を開業する地域を管轄する保健所に、「開業の届け出」を申請する必要があります。

名古屋市の場合は区役所の、「環境衛生課」が、その窓口になっています。

「開業の届け出」の申請には、店舗の設計図と、届け出の書類が必要です。

届け出の書類には、就労する従業員の人数や、従業員の生年月日と、国家資格の有無なども記載する必要があります。

また、この届け出を申請すると、保健所の職員が、完成した店舗に検査に来ます。

その時に、完成した店が、国の基準に適合していないと、改良工事の指示が出されます。

理容室や美容室は、すべての基準をクリアしないと、開業をすることはできません。

店舗の工事のスケジュールに合わせて、計画的に届け出をする必要があります。

ちなみに、保健所への開業の届け出には、16000円の費用が必要です。

「開店日が決まているのに、保健所の許可が出ていない」なんていう事がないように、余裕を持ったスケジュールをたてる必要があります。

理美容所の届け出に必要な書類

それと、開業届けの申請には、国家資格(理容師免許か美容師免許)が必要なのは、当然ですが、一人でも理容師や美容師を雇う場合は、理美容師の免許とは別に、管理理容師か、管理美容師の資格が必要です。

管理理容師や管理美容師の資格は、夫婦でお店を経営する場合でも必要です。

この資格は、役所に行けば、すぐに取得できる物ではありません。

国家資格を取ってから、一定以上の年数を経過していて、年に二回実施される講座に出席しないと取得ができません。

「夫婦で経営するから管理理容師、管理美容師は必要ないと思ってた」なんてことにならないように、あらかじめ、準備をしておくことが必要です。

法務局の支所理容室や美容室を、個人事業者として開業する場合は、保健所への届け出が完了して、検査をパスすれば、めでたく開店です。

しかし、法人として店舗を開業する場合は、保健所とは別に、法務局にも届け出が必要です。

法務局に、この届け出をするには、あらかじめ行政書士に依頼をして、謄本の届け出の書類を作成してもらう必要があります。

既に、法人登記が完了している場合でも、新たに支店を出店するには、再登記の届出をしなければいけません。

実は、私は、ギリギリまで、これを知らなかったので結構、慌てました(苦笑)。

ちなみに、この届け出には、費用が60000円と、別に行政書士への報酬がかかりました。

 

以上が、理美容室を出店するのに必要な事です。

想像以上に大変なのが、お分かりいただけたと思います。

私は、理美容業は、非常にやりがいのあるシゴトだと思っています。

これから、理美容店のオーナーになりたいとお考えの方は、どうか余裕を持ったスケジュールを立てて、すてきなお店を出店してください。