ヘアカラーのイメージ

白髪が気になってきたので髪を染めたい時や髪色を変えておしゃれを楽しみたい時などに、皆様はヘアカラーをすると思います。

ヘアカラーは毛染めとか、カラーリングとかいろいろな呼び名があります。昔はヘアダイなどという呼び方をする時代もありました。

最近では自宅でヘアカラーを楽しむ方も増えてきましたね。そういった自分で髪を染める事はホームカラーと言います。

以前にはホームカラーについて詳しくお伝えしましたが(詳しくはホームカラーで気を付けてほしい事)皆様は、ヘアカラーが使用する薬剤によって作用と副作用が大きく違う事を御存じですか?

今回は、そんな理美容師が教えるヘアカラーの知識と、アルカリカラーとマニキュアの違いについて徹底解説をいたします。

 

アルカリカラーの薬剤

まず、ヘアカラーには、大きく分けて2種類の薬剤が存在します。

その2種類は、髪を染めるために作用させる薬剤の性質によって名称が変わります。

その2種類を

  • アルカリカラー
  • 酸性カラー

と分類します。

まずは代表的なアルカリカラーについて説明します。上の画像の薬剤がそのアルカリカラーなのですが、名称から推測できる通りアルカリ性の性質を利用して髪を染めるタイプのヘアカラーです。

アルカリカラーは最も歴史が長く、一番多く使用されているヘアカラーで、白髪染めをする時や、髪の色を自毛よりも明るくする時や、脱色して茶髪にする時に使用するのは、ほとんどがこのアルカリカラーです。

アルカリカラーに使用される2剤

 

アルカリカラーの大きな特徴は、髪を染める際に2種類の薬剤を配合して使用するという点です。

その2種類とは、1剤が髪の色を決定する色素が入った薬剤で、2剤が染色のための化学反応を促進するための過酸化水素が入った薬剤です。

ちなみに2剤に配合される過酸化水素は人間の身体には毒性を持つ性質があるので法律で6%が上限と決められています。

この2種類の薬剤を配合する事により、染料を髪の表面のキューティクル層と呼ばれる領域を超えて、その内部のコルテックス層と呼ばれる領域に届けて髪を染色するというのがアルカリカラーです。

要するに化学反応を利用して髪を染めましょうというタイプのヘアカラーという事です。

これがアルカリカラーを施術している様子です。塗布をするカラー剤は化学薬品の独特の刺激臭が若干あります。

このアルカリカラーの長所は

  • 髪がしっかりと染まる
  • 自毛よりも明るい髪色に染める事ができる
  • 思い通りの髪の色に染める事が容易である

そして短所は

  • 化学反応を利用するので髪に損傷を与えやすい
  • 肌が弱い人は肌荒れを起こす場合がある

髪が短い人や肌や髪が丈夫な人は、白髪しっかりと染める事ができて、明るい髪色も実現が可能なのでアルカリカラーが向いていると思います。

酸性カラーの画像

次に解説をするのは酸性カラーです。

上の画像が、その酸性カラーなのですが、一般的にはヘアマニキュアと呼ばれています。

マニキュアと聞くとネイルに使用する物を思い浮かべる方が多いと思いますが、ヘアマニキュアの作用もネイルに使用するマニキュアと同じです。

人間の皮膚は弱酸性なので、酸性の性質を持つヘアマニキュアは化学反応を利用しないで髪の色を変化させる事ができます。

ヘアマニキュア(酸性カラー)は、薬剤と言うよりも化粧品に近い存在という事です。

ヘアマニキュアを塗布している様子

上の画像はヘアマニキュアを髪に塗布している様子ですが、染めるというよりも色素が入ったタール系の樹脂をコーティングしているという表現が正しいかもしれません。

髪を色の付いた塗料でコーティングするというのがヘアマニキュア(酸性カラー)の定義です。

ヘアマニキュア(酸性カラー)の長所は

  • 髪や頭皮へのダメージが少ない(ほとんどない)
  • 場合によっては髪の保護の作用もある

そして短所は

  • ヘアカラーをした髪色が徐々に取れて来る場合がある
  • 染まり具合がヘアカラーより弱い
  • 自毛よりも髪色を明るくする事ができない

肌が弱い人や髪が痛んでいる人は、ヘアマニキュア(酸性カラー)が向いているかと思います。

アルカリカラーと酸性カラーは、それぞれの長所と短所が逆になっているのがおわかりでしょうか?

両方の長所を・・という事で新しい薬剤も開発はされてきていますが、試してみると今の所はどれもいまいちです。

ヘアカラー剤は、その特性をよく理解してヘアスタイルのおしゃれを楽しんでいただきたいと思います。