ドラッグストアのヘアカラー剤売り場の様子

 

Caratの、近所のドラッグストアでは、こういった感じに、豊富なヘアカラー剤が販売されています。

ヘアカラーの、仕上がりの色も豊富で、低価格の商品もあります。

その上、ヘアカラー剤が持つ独特のニオイも、かなり改善された商品もあります。

こういった、ドラッグストアなどで販売されているヘアカラー剤を、一般的には、ホームカラーと呼びます。

ホームカラーは、理容室や美容室に行かなくても、自分で手早く髪を染める事ができるのが、非常に魅力的ですよね。
私たちのような、理容師や美容師も、ホームカラーの品質が非常に向上している事は、十分に承知しています。

 

最近では、フォームタイプ(薬剤が泡状になるタイプ)と呼ばれるヘアカラー剤が、主流になってきています。
フォームタイプのへカラーなら、誰でも簡単に髪を染める事ができます。

本当に、便利な世の中になりました。

しかし、これだけ簡単に髪を染める事ができるホームカラーを、私たちのような、プロの理容師や美容師が使用しないのは、何故だか、ご存じですか?

実は、理容師や美容師が、ホームカラーを使用しないのには、理由があります。

また、ホームカラーを、皆様が使用する時には、注意をしなくてはいけないこともあります。

今回は、理美容師が教える、ホームカラーの正しい使い方を、お伝えします。

ヘアカラーを繰り返して痛んでしまった髪の毛

まず、上の画像を、ご覧ください。

これは、ヘアカラーを繰り返し施術した事によって、ダメージを受けてしまった髪の毛です。

このような状態の髪を、損傷毛と言います。

損傷毛は、ダメージが少ないうちは、髪がパサつく程度の症状ですが、ダメージが進行すると、枝毛や切れ毛といった深刻な症状が現れてきます。

損傷毛の、最も困った現象は、ヘアカラーをした髪の色が、すぐに明るくなってしまう事です。

こういった現象を、退色現象といいます。

白髪を、黒く染めた髪が、赤色に近い色に変色してしまっている方を、ときどき見かけますが、これも退色現象です。

髪の根元の画像

通常は、ヘアカラーを施術しても、1カ月程度が経過すると、上の画像の様に、髪の根元付近は、自毛が生えてくる事によって、ヘアカラーが施された髪(既染毛といいます)と、ヘアカラーをしていない髪の部分(バージン毛といいます)の間に、髪の色の段差が、できてしまいます。

サロンでは、根元から生えてきた毛(バージン毛といいます)の部分だけに、ヘアカラー剤を塗布する事が可能です。

この、バージン毛だけにヘアカラー剤を塗布する技術を、リタッチといいます。

 

リタッチという技術を使って髪を染めている様子

この画像が、そのリタッチという施術をしている様子です。

過去に、ヘアカラーをした部分には薬剤を塗布していないのが、お分かりかと思います。

ヘアカラー剤が、泡状になっていると、このリタッチという技法ができません。

理容師や美容師が、ホームカラーの薬剤を使用しないのは、リタッチができないからです。

その上、素人の場合、リタッチという技法で髪を染めことができません。

リタッチを用いないで、髪を染めると、髪を染めるたびに、毛先部分に繰り返しヘアカラー剤を塗布する事になります。

毛先の部分に、ヘアカラー剤を繰り返し塗布をする事によって、毛先の部分は、髪の傷みが進行してしまいます。

ひどくダメージが進行した毛

上の画像は、そんな、髪の傷みが進行してしまった様子です。

この画像の髪の毛は、ヘアカラーを繰り返し行った髪にパーマをかけてしまって、髪が、薬剤に耐えきれなくなって、溶けてしまった様子です。

このような状態まで、髪の傷みが進行してしまった場合は、残念ながら、修復をすることは不可能です。

対策法は、髪をカットするしかありません。

フォーム(泡)タイプのカラー剤は、手軽だからと言って、頻繁に使用を繰り返すと、計り知れないダメージを髪に与えてしまいます。

私たちは、ホームカラーを使用することは否定はしません。

ホームカラーを使用する場合は、月に一度程度に、留めておくことをおすすめします。

ホームカラーは、手軽に使用することが魅力ですが、乱用をすると、髪に致命的なダメージを与えてしまうことを、十分に理解することが大切です。