ヘアカラー売り場

Caratの近所のドラッグストアでは、上の画像のように、豊富なヘアカラー剤が販売されています。

ヘアカラーの仕上がりの色も豊富で、値段も様々です。

ヘアカラーの中には、驚くほど低価格の商品もあります。

以前は、「ヘアカラーはにおいが良くない」というイメージがありましたが、最近では、ヘアカラー剤が持つ独特のニオイは、かなり改善されています。

このようにドラッグストアなどで販売されているヘアカラー剤のことを、一般的にホームカラーと呼びます。

ホームカラーは、理容室や美容室に行かなくても、簡単に髪を染められるので非常に魅力的ですよね。
私たちのような理美容師も、ホームカラーの品質が良くなっている事は十分に知っています。

最近では、フォームタイプといって、薬剤が泡状になるタイプのヘアカラー剤が主流になっています。
フォームタイプのへカラーなら、さらに簡単に髪を染める事ができます。

本当に便利な世の中になりました。

しかし、これだけ簡単に髪を染める事ができるホームカラーを、プロの理容師や美容師が使用しないのは何故だか知っていますか?

実は、理容師や美容師がホームカラーを使わないのには理由があります。

また、ホームカラーを皆様が使う時には、注意が必要なこともあります。

今回は、プロが教えるホームカラーの正しい使い方と、ヘアサロンのヘアカラーとの違いを解説します。

 

傷んだ髪の画像

まず、上の画像を見てください。

これは、ヘアカラーを繰り返し事によって、ダメージを受けてしまった髪の毛です。

このように、傷んでしまった髪を損傷毛といいます。

損傷毛は、損傷が少ないうちは、髪がパサつく程度の症状ですが、損傷が進行すると、枝毛や切れ毛のような深刻な症状が現れます。

そして、損傷毛の最も困った症状は、ヘアカラーをした髪の色が変色してしまうことです。

こういった現象を退色現象といって、ほとんどの場合は、染めた色よりも明るくなってしまいます。

白髪染をしても、黒く染めた髪が、すぐに赤や茶色に変色してしまうことがありますが、これも退色現象です。

 

 

ヘアカラーをした髪

通常はヘアカラーをしても、1カ月程度が経過すると、上の画像の様に髪の根元付近は、自毛が生えてくる事によって、染めた髪(既染毛といいます)と、染めてない髪(バージン毛といいます)の間に、色の段差ができます。

サロンでは、根元から生えてきた髪(バージン毛)だけに、ヘアカラー剤を塗布します。

このように、バージン毛だけにヘアカラー剤を塗布する技術を、リタッチといいます。

 

リタッチする様子

この画像が、リタッチという技術をしている様子です。

既に染めてある髪には薬剤を塗布していないのが分かりますよね。

リタッチという技法を用いて髪を染めるためには、コーム(櫛)と刷毛を用いて、半液体状のヘアカラー剤を塗布する必要があります。

泡状のホームカラーでは、物理的にリタッチという技法が使えません。

私達がホームカラーを使わない訳は、リタッチができないからです。

リタッチという技法を用いないで髪を染めると、髪を染めるたびに毛先部分にヘアカラー剤を塗布することになります。

繰り返しヘアカラー剤が塗布された毛先の部分は、髪の傷みが進行して損傷毛になってしまいます。

 

 

ダメージが進んだ髪

上の画像は、傷みが進行してしまった髪の画像です。

この画像は、ヘアカラーを繰り返したうえにパーマをかけてしまい、その結果、髪が溶けてしまった様子です。

このような状態まで髪の傷みが進行してしまった場合は、残念ながら修復をすることは不可能です。

対策法は、髪をカットするしかありません。

フォーム(泡)タイプのカラー剤は、誰でも簡単に染められますが、頻繁に使いすぎると髪に計り知れないダメージを与える危険性があります。

私たちは、皆様がホームカラーを使うことは否定はしませんが、使用する場合は、月に一度程度に、留めておくことをおすすめします。

白髪が気になる方で、頻繁に髪を染めたい場合は、やはりプロの技術と安全なヘアカラー剤を利用した方が良いと思います。