ドラッグストアに並ぶ育毛剤

これはドラッグストアの育毛剤売り場の様子です。

育毛や発毛を目的としたシャンプーやヘアトニックなど、実にさまざまな商品が売られています。

近年では、薄毛や脱毛で悩む男性も増えてきているので、きっとこのような商品も売れ行きが好調なのでしょうね。

そこで今回は、理容師、美容師の視点から見た、育毛剤や発毛剤は本当に効果があるのか?についてお伝えしたいと思います。

育毛用のシャンプーの画像

まずこの画像はドラッグストアの育毛用のシャンプー売り場の画像です。

どの商品も発毛に効果があるような説明が書いてありますが、どれを見ても決定的に「髪が生える」という表現が見当たりません。

大体が、「頭皮環境をよくする」とか「頭皮に効く」とか、あやふやな文面が多いのです。

これで分かりますよね(笑)

シャンプーで毛が生えて来る事は期待ができません。

もともとスカルプシャンプーと言うのは、頭皮に蓄積された頭皮を効率的に除去をして、頭皮の毛穴をすっきりとさせることが目的なのです。

そして毛穴がきれいになったら、その毛穴から育毛剤が浸透しやすくなるのではないか?というのがその先の目的です。

頭皮を健康な状態にする事は、ヘアケアをする上では、非常に良いことです。しかしそれを発毛という言葉につなげてしまう事は少々無理があります。

このようなシャンプーは、「安価で低品質なシャンプーを使用するよりは頭皮に良い」という認識で使用していただければ良いと思います。

一番売れている育毛剤

「それではやはり育毛剤か?」という結論になるのですが、育毛剤もいろいろとあります。

一昔前の育毛剤は、ショウガエキスとかトウガラシエキスなどが成分に入っていて「頭部の血行促進をする」なんていう商品が多かったのですが、当然のことながら大した効果はありません・・・というかほとんど効果はありませんでした。

上の画像は某メーカーの育毛剤ですが、よくテレビのCMで見かけますよね?現在一番売れていると言われています。

この商品にはミノキシジルという有効成分が含まれています。

このミノキシジルは、もともとは米国のアップジョン社が血圧降下剤として開発をしていました。

高血圧の治療薬として実験段階に進んでいたのですが、残念ながら失敗に終わりました。血圧を下げる効果がイマイチだったようです。

しかし実験をお願いしていた患者の髪が太くなったり薄毛か改善するといった副作用が見られたのです。頭部の毛細血管が拡張されたのが原因だったようです。

・・・そういう事ならばという事で育毛剤として米国で塗り薬として発売をしたら大反響で、その権利を日本のメーカーが買い取って販売しているのが上の画像の商品です。

恐らく、現在では、育毛トニックとしては一番効果があると僕は思います。

飲み薬の画像

しかし、ミノキシジルはもともとは服用薬でした。本来ならば経口服用をした方が効果が高いのは当然です。

しかし日本では経口服用の認可が出ていないので、ヘアトニックとして使用するしかありませんが海外では経口服用のタイプの商品も使用されています。

実は僕も使用しています(笑)。

若干の副作用がありますが、僕は気にしていません。

ここでは詳細は教えられませんが、興味がある人は来店時に尋ねてください。自己責任で個人輸入をする必要があります。

※当然ですが当店では販売はしておりません。

AGAの広告

もう一つ、こういうCMをテレビや雑誌などで、よく見かけますよね。

これはAGA(壮年性脱毛症)の治療薬の広告なのですが、これは日本で購入が可能な育毛用の経口服用薬です。

薬品の名前はプロペシアといって、これも米国の薬品メーカーが開発をした物です

プロペシアももともとは育毛薬としてではなく他の病気の治療目的として開発をされていた薬品です。

前立腺の肥大の治療薬として実験をしていたのですが、期待通りの効果が出なかったので失敗・・・と思いきや育毛効果があったという成り立ちです。

プロペシアは病院で処方箋をもらえば国内でも購入が可能です。

ただし保険適用外なので、1錠300円ほどします。

育毛剤の服用薬

実はこれも海外では安価で購入が可能です。

僕も使用をしていますが、効果はあります。

ただしこれも自己責任で個人輸入をする必要があります。

販売はできませんが、興味をお持ちの方は、来店時にお尋ねください。

あくまでも個人的な見解ですが、

現代医学では、発毛や養毛は、頭皮環境をよくするために品質の良いシャンプーを使用して、副作用も理解した上で経口服用の育毛剤を使用するのが一番だと思います。

ただし、こういった商品をネットなどで個人輸入をする際には、偽物や粗悪品を購入させられるリスクもあります。そのあたりに十分に気を付けて購入をしていただきますよう最後に付けくわえておきます。