皆さん、円形ハゲってご存じですか?

一般的にハゲというと、加齢にともなう脱毛のイメージがあるのですが、若い人や、特に髪の毛が薄くない人でも、ある日突然、部分的なハゲができてしまうことがあるのです。

このような現象を、円形ハゲ(円形脱毛症)といいます。

今回は、理容師、美容師が教える円形脱毛症の、くわしい症状と対処法をおつたえします。

円形ハゲを見つけて驚く男性の様子

円形脱毛症とは、直径が約1~2センチの円形のハゲ(人によって大きさは違います)が、何の前触れもなくできてしまう症状の事を言います。

円形脱毛症が発覚する時は、何気なく自分で頭を触っていて気がついたり、他人から指摘を受けて気がつく場合もありますが、僕の経験上では、理容室や美容室で、カットをしている時に、スタイリストの人が発見する場合が多いと思います。

私のお店でも、平均すると、1カ月に2~3人程度の円形脱毛症が発覚します。

冒頭では「ある日突然」と言いましたが、正確にはそうではありません。

実際には、円形脱毛症は、時間をかけて症状が進行していたのですが、脱毛をした部分の上の髪の毛が覆ってるために、目立たない状態が続いていただけの場合が多いです。

壮年性脱毛症のイメージ

一般的にハゲというのは、上の図のような、壮年性脱毛症のことをさすのですが、壮年性脱毛症は加齢にともなう脱毛なので、前頭部や頭頂部の髪の毛が長い時間をかけて徐々に薄くなってきて最終的にハゲてしまいます。

壮年性脱毛症に関しては、遺伝的な要素が原因の場合が多いので、完全な治療法はまだ確立されてはいません。

しかし最近では、少しずつ研究も進んできて、完治こそはできませんが、ある程度の改善が見込めるような治療薬が出てきています。

くわしくはプロが教えます!薄毛や細毛、薄毛でお悩みの方へ育毛剤の効果のお話から

しかし、円形脱毛症の場合は、髪の毛が部分的に脱毛をしてしまうのですが、比較的短期間で脱毛が進行してしまいます。

原因は、ストレスとか、免疫力の低下とか、ホルモンのバランスの崩れといわれていますが、実際は解明されていないようです。

円形脱毛症の発生しやすい場所

僕が、理容師、美容師として、いろいろな円形脱毛症のお客様を見てきた中では、上の図に示した部分に、円形脱毛症が発生することが多いです。

  1. 側頭部は、こめかみから耳の上にかけての部分です。
  2. 耳の後ろは、盆のくぼといわれる部分です。
  3. 後頭部に出来る場合は、ハゲが大きくなったり、ハゲが増えてしまうことが多いような気がします。

脱毛症は、お客様のカットをする前に、髪のクセや髪の流れ方をチェックしている時に発見することが多いのですが、カットの周期が短い方の場合は、発見が早期なので、ハゲが小さいことが多いのですが、カットの周期が長い方の場合は、ハゲが大きくなっている場合が多いので、円形脱毛症は発生してから時間をかけて大きくなっていく傾向があるのでしょう。

また、人によっては、ハゲが大きくなるだけでなく、数が増えていく方もいます。

大きくならずに小さいハゲが増えていく方もいるので、脱毛の進行の形態も、さまざまなようです。

脱毛症の治療薬のイメージ円形脱毛症の治療法についてですが、どうやら画期的な治療法は、確立されていないようです。

Caratのお客様の中には、円形脱毛症の症状を気にされて、皮膚科に通院された方も何人かいましたが、治療法を聞いてみると、窒素を使用して刺激を与える程度の対処しかしてもらっていませんでした。

また、その治療の効果については、大した改善は見られませんでした。

投薬治療も、壮年性脱毛症とは原因が違うので有効な薬はありません。

脱毛で悩む人のイメージ

「それでは、どうにもならないのか?」

とお考えの方に、大切な事を解説します。

円形脱毛症について、もっとくわしく説明をします。

そもそも人間の髪の毛には、「発毛→脱毛→休止期→発毛」というサイクルがあります。(もっと詳しく説明すると成長期、退行期となるのですがわかりやすくするためにここでは省きます)

通常は健康な人でも、髪の毛は、一日に約100本は、脱毛をします。

髪の毛が発毛してから脱毛をするまでの寿命は、男性は約5年で、女性は約7年だそうです。

寿命を迎えた髪の毛は抜けてしまいますが、休止期という期間を経過すると、また発毛します。

休止期というのは、次に髪の毛を発毛するための、準備期間と考えてください。

通常は、頭部のいたるところで、このようなサイクルが繰り返されているのですが、円形脱毛症の場合は、このサイクルが、1カ所に集中して起こってしまっただけなのです。

円形脱毛症の場合は、壮年性脱毛症と違って、脱毛をしてしまっても、発毛のために必要な、毛包という組織は残っていますので、休止期が終わると、再び発毛します。

通常は、髪の休止期の期間は、約3カ月といわれています。

だから早い人は、約3カ月が経過すると再び髪は生えてきます。

休止期が長くなってしまう人もいますが、ほとんどの人が、6カ月から1年が経過すると、再び髪が生えてきています。

僕が今まで見てきたお客様は、全員が1年以内に円形脱毛症が、改善しています。

壮年性脱毛は、投薬治療で進行を抑制することはできますが、完治はできません。

しかし円形脱毛症は、ほとんどの人が、自然治癒で完治するのです。

だから、脱毛の原因が、外傷などでない限りは、安心してください。

むしろ、ハゲを気にしすぎるあまり頭皮を刺激しすぎたり、脱毛をストレスと感じてしまうことは、症状を悪化させてしまう場合がありますので、気持ちを大らかにして日常を過ごすことが大切です。

でも、ハゲが目立つのは、気分が良くないですよね?

可能な限り、ハゲが目立たないようなカットやパーマは必要です。

信頼がおけるヘアスタイリストを見つけることも、重要ですね!!