エステの講習の様子この画像を見てください。当店のスタッフが難しい顔をして資料に目を通しています。実はこれは、当店で理容師を対象にしたエステの講習をしている様子なのです。

向かって左側に写っている女性はクラシエというメーカーから派遣された講師です。理容師や美容師はこの様に講師をお店に招いて、お店の営業が終わった後に夜間講習を行うことが多いのです。

講習の時は、いつもこうやって、理論や使用する化粧品についての知識の勉強から始まります。

エステのデモンストレーションの様子

理論の勉強が終わると、次に技術講習に移ります。この画像は、講師によるデモンストレーションをスタッフが見ている様子です。

Caratでも、実際にエステの施術は、既にお客様に提供をしているのですが、使用する化粧品や技術は常に進化しています。

 

だからこの様に定期的に新しい情報や技術を習得する必要があるのです。「学ぶ姿勢はいくつになっても大切」という事ですね。

エステの技術を実践練習する様子見ているだけでは、技術は身につきませんので、デモンストレーションが終わったら実際にやってみます。

改善点などは講師にチャックしてもらえるので、講習の時間中に全員がやってみて講師に判定をしてもらいます。

こういう感じに、メーカーが店舗に講師を派遣して夜間講習を行う事を、理容師や美容師は臨店講習(りんてんこうしゅう)と呼びます。こういう形態の講習は基本的に無料で受けることができます。

メーカー側は、講習を通して自社の商品の販売促進につながるという利点がありますし、お店側は新しい技術と商品の知識を入手できるので、お互いに得があるという事です。

臨店講習で派遣をされる講師は、普段は自分のお店で働いている同業者の場合が多く、講習の際にはメーカーの営業の人と一緒に派遣をされてきます。講師としての報酬はメーカーから支払われます。

パーマの講習の様子

これは、別の日の講習の様子ですが、パーマのかけ方の講習の様子です。

どの店でもパーマは施術をしていますが、パーマの技術はいろいろな応用があるので、ヘアスタイリストとして常に新しい応用方法を勉強する事はとても大切です。この日はピンパーマという技術の応用を勉強しました。

パーマ液の画像

このパーマの講習は化粧品メーカーの資生堂の講習なので、パーマに使用する薬剤は資生堂の商品を使用します。

既に当店では、この薬剤を使用していましたが、受講をしてみると、この薬剤の特長について知らなかった事も学ぶことができます。

パーマの講習の実技の様子

パーマの講習も、デモンストレーションを見ているだけでは技術は身につきません。この様にそれぞれがやってみて技術の習得に励みます。

スタッフの真剣な様子を見ていると、「やっぱり技術者なんだなぁ」とあらためて実感します。

ヘアカラーの講習の様子

臨店講習は、他の事業所と合同で開催する場合もあります。これは日進市のヘアサロンと合同でヘアカラーの講習を行った時の様子です。

同業者は、ある意味ライバルではありますが、ともに勉強して切磋琢磨する事はとても良いことだと思います。

また、お互いのスタッフの交流の良い機会になります。

ヘアカラー講習の講師この日の講習は春に行われたので、入店したばかりの新人のスタッフに合わせて、ヘアカラーの理論と、髪の毛の構造についてを勉強しました。

このような基礎的な講習は、ベテランのスタッフにも良い復習の機会になります。「知ってるつもり」でも再認識する事はいくらでもあります。

講習後の食事会の様子

これは、講習が終わって全員で食事をした時の様子です。お店の営業が終わってからの講習は、いつも21:00頃から開始します。

講習が終わると24:00になってしまう事もあります。当然翌日も仕事があります。

しかし、勉強が終わって、疲れているにも関わらずみんな笑顔です。

なぜなら、みんな理容、美容の仕事が好きだからです。

だから、学ぶ事が楽しいからです。

このようなすてきな若者たちが、明日の理容業界、美容業界を支えてくれることを、私は心から願っています。