シャンプー類のイメージ

以前に、Caratのホームページで、トリートメントと、リンス、コンディショナーの違いを、皆様にお伝えしましたが、今回は、理容師、美容師の目線からシャンプーの選び方と、上手なシャンプーのやりかたについて、くわしく解説します。

シャンプーの種類や選び方については、すでに情報をお持ちの方も多いかと思いますが、実はシャンプーというのは、自分に合った商品の選ぶことよりも、正しいシャンプーの方法を知る事の方が重要です。

シャンプー剤の選び方については、いろいろなサイトで紹介をされていますが、正しいシャンプーのやり方は、あまり見かけることがありません。

こちらでは、最も重要な「正しいシャンプーのやり方」についても、皆様にお伝えしたいと思います。

まずは基礎知識として、シャンプー剤の種類についてお伝えします。

シャンプー剤には、大きく分けて3種類の商品があります。

その3種類とは

  1. 高級アルコール系シャンプー
  2. 石鹸系シャンプー
  3. アミノ酸系のシャンプー

この3種類のシャンプーについて、くわしく解説すると

アルコールのイメージ

1の、高級アルコール系のシャンプーです。

ここでは、分かりやすくお酒の画像を表示しましたが、当然これはイメージですから、お酒のシャンプーでは、ありません(笑)

一般的に、市場に出回っているシャンプー剤のほとんどが、この高級アルコール系シャンプーです。

高級アルコールと聞くと、とても高級なシャンプーのような気がしますが、高級アルコールシャンプーは、低価格で販売されているシャンプーです。

実は、高級アルコールの高級というのは、高価格という意味ではありません。

シャンプーの原料として使用しているアルコールの、炭素の数が多いという意味です。

ここでいうアルコールは、洗剤などでよく使用されている界面活性剤を多く含むものが多く、油性の性質を持っているので、泡立ちが非常に良くて洗浄力が強いという性質を持っています。

シリコン入りシャンプーとか、ノンシリコンといった表記が入っているシャンプーは、ほとんどが、高級アルコールシャンプーの部類に入ります

石油由来の素材で作られているシャンプーなので、「化学薬品系の洗剤のようなもの」と考えていただければ良いかと思います。

長所は

  1. 比較的安価で購入できること
  2. 泡立ちが良く、洗浄力に優れていること
  3. シリコンなどの配合がしやすいので、洗い上がりの髪がつややかにさせることができること
  4. 香りが良い商品が多い

短所は

  1. 洗浄力が強いので、乾燥肌の人には合わない
  2. 敏感肌の方には、刺激が強い場合がある
  3. シリコン入りのシャンプーの場合は、頭皮の毛穴をふさいでしまう場合がある

ということです。見分け方は、成分表示を見ると、ラウリル、ラウレス、ラウレスという表現が入ったものが入っています。

石鹸のイメージ

2の石鹸系シャンプーは、呼び名の通りで、石鹸の成分を使用して作られたシャンプーです。

1の高級アルコール系シャンプーよりも、やや高価格で販売されているシャンプーです。

石鹸というのは、動物性の油脂や、脂肪酸を苛性ソーダなどを利用して反応させて作られた洗浄剤です。

皆様も、石鹸は、お風呂やシャワーで体を洗う時に使用しているので、おなじみですよね!

この石鹸系シャンプーの性質は、天然成分の素材を使用して作られているので、高級アルコール系のシャンプーよりも、安全性が高いということです。

その上、洗浄力も、そこそこに高いです。

ただ、石鹸系のシャンプーは、一般的に「天然由来」を売りにした物が多いので、化学薬品系の添加物を使用できない場合が多いので、洗い上がりの髪の保湿成分や、香料などの使用が制限される場合が多いです。

もし、石鹸で洗顔をすると、お肌がつっぱったりしますよね?

お顔が、つっぱってしまったら、改善するために、化粧水や美容液が必要になってきます。

この、お肌のつっぱりと、同じことが頭皮にも起きているということです。

それともう一つ。

石鹸はアルカリ性なので、石鹸系シャンプーも当然アルカリ性です。

しかし、人間の体は弱酸性です。

ですから、石油由来の高級アルコール系のシャンプーよりは、肌に優しいとはいうものの、敏感肌の方の中には、石鹸系のシャンプーも合わないという方もいます。

ということで、石鹸系のシャンプーの長所は

  1. 天然素材を使用しているので、安全性が高い
  2. 洗浄力も高い
  3. 比較的、安価で購入ができる
  4. 天然由来の商品なので、環境にも優しい

短所は

  1. 頭皮が、つっぱる場合がある
  2. 香りや、洗い上がりの髪のつややかさはあまり期待できない
  3. アルカリ性なので、酸性のリンスを使用する必要がある。

ということです。

見分け方は、成分表示に、脂肪酸という表記がある場合が多いです。

その上、ほとんどの場合は、石鹸由来と商品名に記されています。

アミノ酸のイメージ

次は、3のアミノ酸系のシャンプーです。

美容院などですすめられる高額なシャンプーや、ドラッグストアでも2000円以上で販売されているようなシャンプーがこの部類に入ります。

いわゆる高級なシャンプーで、中には5~6000円もする商品もあります。

シャンプーに、こだわりを持つ人の間では、最近は流行しています。

アミの系シャンプーは、人間の組成成分であるアミノ酸を主成分にしたシャンプーで、頭皮や髪に優しいといわれるシャンプーですが、価格の差は使用されているアミノ酸の量によって違ってきます。

シャンプー剤というのは、中身は、ほとんどが水です。

ほんの一部が、洗浄成分として、高級アルコールや石鹸成分やアミノ酸の成分が添加されている訳なのですが、アミノ酸シャンプーの弱点は、洗浄力が弱いという事なので、アミノ酸の成分が少ないシャンプーの場合は、本当に汚れ落ちが良くないです。

髪や地肌に優しいといっても、洗浄力が弱すぎてしまったらシャンプーの意味がありません。

ですから、もしアミノ酸系のシャンプーを購入する場合は、ケチらずに高価格の商品を買う必要があります。

アミノ系シャンプーの長所は

  1. 頭皮への刺激が少ない
  2. 髪のダメージの進行が進みにくい

短所は

  1. 高価格である
  2. 洗浄力が低い

見分け方は、成分表に、ココイルとかラウロイル、オレフィンという表示がある場合が多いです。

理美容師がおすすめのシャンプーとは?

3種類のシャンプー剤について、どれもそれぞれの性質があり、一長一短なのがお分かりいただけましたか?

「それでは、どのシャンプーを使えばいいのか?」と思いますよね?

あくまでも、僕の理容師、美容師としての考えなのですが、

よほどお金に余裕がある人や、頭皮がひどく荒れていたり、アレルギーや敏感肌の方はアミノ酸系のシャンプーを使用していただいても結構だと思います。

しかし、高級アルコール系や石鹸系のシャンプーを使用していても頭皮が荒れたりしないのであれば、わざわざ、高いシャンプーを買う必要はないと思います。

洗い上がりの髪を、しっとりとさせたり、つややかにしたいのであれば、シャンプーの後に、トリートメントを使用すれば、それで十分です。

その方が安上がりです。

シャンプーを選択する上で、一番考えなければいけないのは、髪の事よりも頭皮の事です。

髪の傷みは、そもそも、パーマやヘアカラーやブローをする時に、痛ませないように注意をする事の方が重要です。

シャンプーを日本語では洗髪と表記しますが、この洗髪という表記で勘違いしてしまいがちですが、シャンプーは髪を洗う事よりも、頭皮を洗浄する事の方が大切です。

そもそもは、頭の汚れや、においの大部分は、頭皮に蓄積された皮脂や汗などが酸化して発生しています。

頭皮が荒れてしまっている場合も、その原因は酸化した皮脂や汗から発生した細菌が原因です。

髪の汚れの大部分は、チリ、ホコリや整髪料です。

効果的に頭皮の汚れを落とすような、シャンプーの技術を実践する方が大切です。

よほど安いシャンプー剤を選択しない限り、人体に悪い影響を及ぼすような商品を販売するメーカーはないと思うので、できるだけ安価な商品を使用して正しいシャンプーの方法をする方が良いと思います。

次に、ご紹介をするのは、正しいシャンプーの方法です。

リンシングをしている様子

上の画像は、お湯で、髪をゆすいでいる様子ですが、この作業をリンシングといいます。

皆さんも、お風呂でシャンプーをする前にリンシングをするかと思いますが、リンシングは髪を濡らすことだけが目的ではありません。

実は、リンシングは、髪の毛の汚れを落とすことが目的なのです。

頭皮の皮脂や汗の汚れは、シャンプー剤を使用しないと除去はできませんが、髪についた整髪料やホコリやチリの汚れは、しっかりとリンシングをすることで、80%落とすことが、できるのです。

しっかりとリンシングをすることで、この後に使用するシャンプー剤の使用料を、大幅に減らす事ができます。

使用するシャンプーを少なくするということは、頭皮に対するダメージを減らす事ができる上に経済的にも良くなります。

だから、リンシングは、髪の毛の汚れを、しっかりと洗い流すつもりで、行うことが大切です。

シャンプーに使用するシャンプー剤の量

リンシングをしっかりとしたら、次はシャンプーに入りますが、シャンプーは必ず2回やる事が大切です

シャンプーを、一回で済ましてしまっている方は多いと思いますが、それはNGです。

一回目ののシャンプーの事をプレシャンプーといいます。

髪や地肌の汚れが多い時や、髪が長い人の場合は、プレシャンプーの時には泡立ちが悪いこともあります。

しかし、泡立ちが悪いからといって、シャンプーを多く使用してはいけません。

プレシャンプーに使用するシャンプーは、ポンプ式のシャンプーの場合だと最大2プッシュまでです。

汚れが多いからといって、たくさんのシャンプー剤を使用しても、汚れを効率的に落とすことはできません。

経済的にも無駄ですし、薬剤を多く使用することは頭皮や髪にダメージを与えるだけです。

一度に使用するシャンプー剤は上の画像の様な量で十分です。

シャンプーの方法の様子シャンプー剤を塗布したら、シャンプーをしていきます。

プレシャンプーは、上の画像の様には泡立たないかもしれませんが、それで良いです。

プレシャンプーで汚れを落としたいのは、頭皮ではなく、リンシングで落としきれなかった髪の汚れです。

髪の毛のみを、手でもむように洗うことが、プレシャンプーのコツです。

プレシャンプーでは頭皮をゴシゴシと掻く必要はありません。

泡立ちが良くない状況でゴシゴシとシャンプーをすることは、髪を摩擦で痛めてしまいます。

プレシャンプーで、髪を全体的にもみ洗いをしたら、再びリンシングです。

しっかりとシャンプーを流してください。

シャンプー剤がしっかりと泡立つ様子

2度目のリンシングが終わったら、今度は、2回目のシャンプーをします。

2回目のシャンプーが、シャンプーの本番と考えてください。

使用するシャンプーの量は、ポンプ式のものであれば、ワンプッシュで十分です。

2回目のシャンプーの目的は髪ではなく頭皮の皮脂や汗を洗浄することです。

プレシャンプーの時に泡立ちがイマイチだったとしても、この2回目のシャンプーではしっかり泡立つはずです。

その泡が、ちゃんと髪にも行き渡るので、2回目のシャンプーをすることによって頭皮も髪もきれいに洗浄できます。

ここでシャンプーをする時に気をつけることがあります。

必要以上に、頭皮をゴシゴシと掻かないことです

理容室や美容室でシャンプーをする時は、お客様に気持ちが良いと感じていただくために、しっかりとゴシゴシします。

しかし、それを、毎日することは、NGです!!

1~2カ月に一度のサロンのシャンプーなら、ゴシゴシしても良いのですが、毎日のシャンプーでは、ゴシゴシやってはいけません(特に頭皮の弱い方)。

シャンプー剤の選び方よりも、シャンプーの方法の方が、大切なのは、ここです。

試しに、頭皮をゴシゴシするのと同じように、腕やおなかをゴシゴシした場合を想像してみてください。

気持ちは良いかもしれません。でもゴシゴシと掻いた後、肌が赤くなってしまいますよね?

頭皮を洗う時に、掻きむしってはいけません。

実は、これが、頭皮を荒れさせてしまう原因の一つです。

頭皮は、髪の毛の下で保護をされている皮膚なので、顔の皮膚よりも繊細なのです。

頭皮は固いので、丈夫そうに感じますが、頭皮が硬いのではありません。

頭皮の下に頭蓋骨があるので、硬く感じるだけで、実はとても薄い組織なのです。

頭皮のマッサージの様子

上の画像で、分かりやすく示してみましたが、指の腹の部分を使用して、円を描くように頭皮をマッサージするように洗うのが、本当の正しいシャンプーの方法です。

洗顔をする時と同じと理解していただければ良いです。

ちょっと物足りないかと思いうかもしれませんが、頭皮が敏感だったり、頭皮が荒れている方の場合はこのようなシャンプーの方法をするのが、最も最適なのです。

髪への摩擦も、ほとんどありません。

シャンプーの素材にこだわって、高価格な商品を購入しても、頭皮をゴシゴシ掻くようなシャンプーをしたり、髪に摩擦がかかるような激しいシャンプーをしている限り、そのシャンプーの持つ性能を発揮する事はできません。

それよりも、経済的に無理のない範囲のシャンプー剤を購入して、正しいシャンプー方をする方が得策です。

どうぞ皆様、経済的に無理のないシャンプー剤の選択と、正しいシャンプーの方法を実行して良いヘアケアライフをおくってください。