理容師や美容師が利用する卸問屋さん

これは、私たちのような理美容業に携わる者が利用する卸問屋の画像です。この卸問屋さんは名古屋市の栄にあります。

名古屋市の栄といえば「問屋町」というエリアがあるのですが、この卸問屋さんもそのエリアに近いところにあり、他に私たちが利用する問屋さんだとタオルの卸問屋さんもあります。

こういった店舗は一般の方は入店する事ができないので、今回は皆様に、この理美容用品の卸問屋の店内の様子や、業務用の商品のいろいろな事を御案内いたします。

理容師や美容師が練習に使用するカットマネキン

これは、理美容師がカットやパーマの練習をする時に使用する人形です。

理容師や美容師が使用する人形はカットやパーマの練習が目的に作られているので胴体はありません。こういうった人形を私たちはカットマネキン、もしくはカットウィッグと呼んでいます。

価格は使用目的によってさまざまで1800円~15000円で売られています。価格の違いは毛髪の材質や毛髪の量、そして頭の大きさです。

毛髪の材質は安価な物はビニール繊維で作られていますが、高価な物は本物の人毛を使用しています。

パーマやヘアカラーなどで使用する際は本物の人毛を使用したウィッグを使わないと練習になりません。

この日は理美容専門学校の生徒さんたちが、このカットマネキンを購入しに来ていました。

メイクで使用するつけまつげの画像

美容師や理容師だけでなく、エステサロンやメイクの関係者も来店するので、メイクに使用する小物も豊富にそろっています。

上の画像のようなつけまつげ以外に口紅や化粧品もたくさん置いてありますが、私にはよく分からない物が多いです(笑)。

価格は恐らく市価の半額程度で販売されているような気がします。

きっと女性の方を連れてくると大喜びするでしょうね。

業務用で使用するシャンプーやリンスの画像

これは、業務用で使用するシャンプーやリンスの画像です。これらは業務用なので容量が非常に大きいです。小さい物でも2リットル、大きい物は1ガロンも入っています。

1ガロンは約3.8リットルなので、このサイズのシャンプーを購入すると一般家庭なら一年分以上もちますね。

これらのシャンプーの中には聞いたこともないメーカーの物もありますが、そのほとんどは有名なメーカーのOEM生産を委託されているメーカーです。

価格は品質によってさまざまです。低料金の理美容室や、スーパー銭湯などで使用されているような商品だと信じられない価格になります。

そういった商品は私は個人的に、「ほとんど石鹸水」という認識を持っています。それくらいの価格という事です。

高品質なシャンプーやリンスは、当然高価になりますが、それでも1リットルあたりで換算すると、市価のおよそ半額程度で販売されています。

理美容師が使用するコーム(櫛)の画像

当然ですが、この様に理美容師が使用するコーム(櫛)も販売されています。

普段私たちのような理容師や美容師は、仕入れをする際にはお店に出入りするディーラーと呼ばれる業者に注文をして持ってきてもらいます。

そのような場合だと、商品をカタログを見て選んで注文をする事になるのですが、こうやって自分で直接卸問屋に出向くと、実際に商品を手に取って選ぶことができます。

これ以外にカットで使用するハサミやブローで使用するブラシ、その他パーマで使用するロッド(パーマをまく器具)やパーマ液やヘアカラー剤なども販売されています。

 

問屋さんで並べられたウイッグの画像

面白い物だと、このようなファッションウィッグもあります。

ほとんどが中国製ですが、安い物だと5000円程度で販売されています。

私たちは、こういうウィッグをそのまま販売するのではなく、ヘアスタイルを加工してからお客様に提供します。

だから私たちは、これらのウィッグを商品のベースとして仕入れをするので安いのです。

エクステンション(つけ毛)の画像

先ほどのファッションウィッグと同様にエクステンション(つけ毛)も皆様が驚くほど安く販売されています。

このまま使用する事も可能ですが、エクステンションも、お客様の御要望に合わせてオーダーメイドするためのベースです。

皆様、どうでしたでしょうか?

異業種の卸問屋って、普段立ち入る事がないので面白いですよね。

今度は、近いうちに理美容業界の機材の見本市の様子をお知らせしたいと思います。どうぞお楽しみに!!