今回は、理容室や美容室で使っているタオルやカットクロスについての説明と、Caratがこだわっていることを解説します。

Caratでは、お顔そりやエステをする時に使うスチームタオル(蒸しタオル)と、お客様の髪を乾かしたり、首に巻いたりする白いタオルの2種類のタオルを使っています。

私たちは、その使用目的によって、それぞれ違う厚さのタオルを使います。

お顔そりやエステなどで使うスチームタオルは、200匁(もんめ)のタオルを使っています。

この匁(もんめ)というのは、タオルの厚さを表示する単位です。

200匁というと、比較的厚みがあるタオルなのですが、厚みがあるタオルの方が肌触りが良いので、スチームタオルには最適なのです。

そして、一般的に使用するタオルは、140匁のタオルを用意しています。

140匁のタオルを使用するわけは、髪を乾かしたりするのに一番扱いやすい厚さだからです。

ところで、Caratでは、洗濯したタオル乾かす時は、可能な限り屋外で干すようにしています。

なぜなら、屋外に干すことによって、日光による紫外線消毒ができるからです。

日光には、紫外線が多く含まれているので、タオルが清潔になると考えているからです。

何よりも、太陽の香りがしてフカフカのタオルって気持ちが良いですよね!!

 

清潔なタオル

この画像は、洗濯したタオルを畳んで収納した様子です。

真っ白のタオルって、とても清潔感がありますよね。

 

洗濯済みのカットクロス

この画像は、カットをする時に使うカットクロスという布を、洗濯の後に干しているところです。

一般的には、カットクロスも白色か淡い無地の色の物を使う店が多いです。

「白いカットクロスやタオルを使う事」には理由があります。

一般的に、安いホテルやサウナでは、比較的濃い色のタオルが使われている場合が多いです。

恐らくですが、濃い色のタオルを使っている理由は、高級感がある事と汚れが目立たないからだと思います。

しかし、高級なホテルでは、厚手の白いタオルが使われている場合が多いような気がします。

白いタオルは、しっかりと洗濯しないと汚れが目立ってしまいます。その上、汚れが取れなくなったタオルは、すぐに新しい物と交換する必要があるので、コストが高くなります。

だから、高級なホテルが白いタオルを使うのは、自分たちのサービスに対するプライドではないのかなと、僕は思っています、

理容や美容の仕事は、環境衛生のカテゴリーに分類される業種なので、清潔さが大切です。

だからCaratでも、清潔さを維持するために白いタオルを使っているのです。

・・・ところで、ここだけの話ですが、

シェービングをする時に使うスチームタオルを、使用後に洗濯をしない理容店の話をよく聞きます。

洗濯をしないというのは、水で濯ぐだけで済ましてしまうということです。

昔の理容業では、「スチームタオルは蒸気消毒をするから、水で濯ぐだけで良い」という認識だったようで、そういった風習を今も続けている店があるようです。

一度使ったスチームタオルを、洗濯しないで水で濯ぎ、そのままタオルを蒸す機械に入れてしまっているということです。

そういう店では、スチームタオルは、一日の業務が終わった時にまとめて洗濯します。

こういう衛生管理は今では非常識ですが、理容業は高齢化が進んでいることもあり、意識改革が浸透しにくい事情もあるかもしれません。

スチームタオルを、毎回洗濯しない店の場合は、少しスチームタオルが匂うか、スチームタオルに香水で香りがつけてあります。

スチームタオルがやたらと良い香りがする場合は、お店の人に聞いてみて下さい。

もちろんCaratは、タオルの衛生管理は徹底しています!!

だから、お店の洗濯機は、一日中回りっぱなしです。

・・・その結果、洗濯機が2年以内で壊れてしまいますが(苦笑)