今回は、理容室で使用するタオルやカットクロスの、くわしい解説と、Caratのこだわりについての、お話をします。

Caratでは、お顔そりや、エステをする時に使用するスチームタオルと、皆様の髪を乾かしたり首に巻いたりして使用する2種類のタオルを、使用します。

理容室や美容室で使用するタオルは、その使用目的によって、それぞれ違う厚さのタオルを常備しています。

Caratでは、お顔そりやエステなどで使用するスチームタオルは、200匁(もんめ)というタオルを使用します。

この200匁(もんめ)というのは、タオルの厚さを表示する単位です。

200匁というと、比較的分厚いタオルなのですが、これは、お顔に使用する際に肌触りが優しくなるようにするためです。

そして、一般的に使用するタオルは、140匁という単位のタオルを使用します。

140匁のタオルを使用するわけは、髪を乾かしたりするのに、一番扱いやすい厚さだからです。

ところで、タオルを洗濯する場合についてですが、Caratでは、可能な限り、青空の下で太陽光に当ててタオルを乾かすようにしています。

なぜなら、タオルの衛生管理には、日光に当てて、紫外線消毒をするのが最も適していると考えるからです。

日光には、紫外線が、たくさん含まれています。

この紫外線による消毒効果は、タオルを清潔に保つのに非常に優れています。

・・・皆様も、天日で干した布団で眠るのは、とても気持ちが良いですよね?

畳んで収納された白いタオル

そして、これは、洗濯をしたタオルを、きれいに畳んで収納をして様子です。

きれいに洗濯をして、真っ白になったタオルは、とても清潔感がありますよね。

当店で使用するカットクロスを干している様子

そして、この画像は、カットをする時に使用するカットクロスを、干しているところです。

Caratでは、カットクロスも、タオルと同様に、白色か淡い無地の色の物に、こだわっています。

Caratで使用する、カットクロスやタオルが「白色」なのには、理由があります。

サウナや、安いホテルで使用されているタオルは、比較的色の濃いタオルが多いのですが、色が濃いタオルは汚れが目立ちません。

逆に、高級なホテルでは、厚手の白いタオルを使用している場合が多いです。

白いタオルは、メンテナンスをしっかりとしないと、汚れが目立ってしまいます。

理容や、美容の仕事は、環境衛生のカテゴリーに分類される業種なので、清潔さを求められます。だから、白いタオルを使用すべきだと思います。

そういった理由で、Caratでは白色のタオルを使用しているのです。

・・・ところで、ここだけの話ですが、

理容店では、シェービングをする時に、スチームタオルを使用するのですが、使用済みのスチームタオルを、水で濯ぐだけの理容店の話をよく聞きます。

昔の理容業では、「スチームタオルは、蒸気消毒をするから、水で濯ぐだけで良い」という認識がありました。

お客様に使用したスチームタオルを、洗剤を使用しないで、水で濯いだ後に、そのまま、タオルを蒸す機械に入れてしまっているということです。

スチームタオルの洗濯は、一日の業務が終わった時に、まとめて洗濯機に入れるようです。

こういう管理体制は、僕には信じられないのですが、これは、医療現場で、注射器を使いまわしていた時代の認識を今でも続けているのだと思います。

スチームタオルを、毎回、洗濯していない理容店の場合は、少しスチームタオルが匂うか、もしくは、スチームタオルに、香水で香りがつけてあります。

「やけに良い香りがするスチームタオル」を、使用する理容室は、衛生管理を少し疑ってかかった方が良いかもしれません。

もちろん、Caratは、タオルの衛生管理は徹底しています!!

だから、お店の洗濯機は、一日中、回りっぱなしです。

・・・その結果、洗濯機は、約2年以内で壊れてしまいますが(苦笑)