今回は、理容室で使用するタオルやカットクロスの詳しい解説と、当店のこだわりについてお話をいたします。

当店では、お顔そりやエステの際に使用するスチームタオルと皆様の髪を乾燥させたり、首に巻いたりして使用するタオルを使用します。

理容室や美容室で使用するタオルはその使用目的によってそれぞれ違う厚さの物を常備しています。

当店では、お顔そりやエステなどで使用するタオルは200匁(もんめ)というタオルを使用します。この200匁(もんめ)というのは、タオルの厚さを表示する単位です。

200匁というと、比較的分厚いタオルなのですが、これは、お顔に使用する際に肌触りが優しくなるようにするためです。

また、一般的に使用するタオルは140匁程度の物を使用します。これは髪を乾かしたりするのに一番扱いやすい厚さだからです。

ところで、この洗濯風景ですが、当店では可能な限り青空の下で太陽光に当ててタオルを乾かすようにしています。なぜならタオルの衛生管理には日光消毒が一番適していると考えるからです。

日光には紫外線がたくさん含まれています。この紫外線による消毒効果は非常に優れています。

・・・皆様も天日で干したばっかりのお布団って気持ちが良いですよね?

畳んで収納された白いタオル

そしてこれは、きれいに畳んで収納された当店のタオルです。

実はこのタオルですが、 当店では創業以来ずっと「白いタオル」にこだわっています。
最近では華やかななカラータオルを使用するお店が多いのですが、カラータオルは見た目は鮮やかできれいに見えるのですが、濃い色のタオルだとシミや汚れが残っていてもわかりにくいですよね。
でも、白いタオルは、そういった不備がすぐにわかります。

お客様の肌に触れるタオルは、なるべく清潔な物が良いと思うので、当店は白いタオルにこだわっているのです。

当店で使用するカットクロスを干している様子

そしてカットを施術する際に使用するカットクロス。

これも当店では、白色か淡い無地の色の物にこだわります。これも同様の理由です。

サウナや安いホテルで使用されているタオルは比較的色の濃いタオルが多いような気がします。

逆に、ランクの高いホテルでは厚手の白いタオルを使用している場合が多いような気がします。

これも、そういった理由ではないのかな?と僕は個人的に解釈をしています。

・・・ところで、ここだけの話ですが、

なぜだか、シェービングに使用するスチームタオルを毎回洗濯していない理容店を見聞きします。お客様に使用しても洗剤を使用しないで水で濯いだ後に、そのままスチーム機に入れてしまっているお店が多いです。

一日の業務が終わると、そこで初めて洗濯機に入れるようです。

僕には信じられないのですが、どうやら「蒸気消毒をするから大丈夫」という昔からの伝統のようです。

そういう店の場合は、少しスチームタオルが匂うか、もしく香りが付けてあります。

「やけに良い香りがするタオル」は少し疑ってかかった方が良いかもしれないと僕は個人的に考えています。

当店は、大丈夫です!!

一日中洗濯機は回りっぱなしです。

・・・だから、洗濯機はおおよそ2年以内で壊れてしまいますが(苦笑)