理容師美容師の免許証

この画像は、私が所有する理容師と美容師の国家資格の免許証です。

理容師や美容師の免許証は、自動車の免許証と違って大きな表彰状のような形をしています。

理容室や美容室で働く人は、免許証を店内の客が見えるところに展示しなければいけないと法律で決められています。

上の画像の、向かって右側の黄色い枠の免許証は美容師免許証で、左側の青い枠の免許証は理容師免許証です。

理容師と美容師の免許証は、どちらも各都道府県の自治体が発行しています。

今回は、理容師と美容師が国家資格を取得するまでの道のりについて、くわしく解説したいと思います。

理美容の専門学校の様子

理容師や美容師が国家資格を取得するためには、理容師か美容師になるための国家試験を受験しなくてはいけません。

しかし、誰でも簡単に理美容師の国家試験を受験できるというわけではありません。

国が認可した理容師と美容師の養成施設を卒業した人だけに、受験資格が与えられます。

理容師と美容師の養成施設とは、理容専門学校と美容専門学校です。

 

基本的には、理容専門学校や美容専門学校に入学するためには、高校を卒業する必要があります。

最近では、理容師を目指す者と美容師を目指す者の両方が通う事ができる理美容専門学校という要請施設もあります。

理容専門学校や美容専門学校の普通学科の生徒は、4月に入学します。

それぞれの専門学校の生徒は、2年間で合計で約800時間の授業を受ける必要があります。

通学に必要な学費は、2年間で約180~200万円が必要です。

先程、基本的にと申し上げましたが、中学しか卒業していない人でも理容師や美容師を目指す方法もあります。

中学卒の人や経済的に学費を捻出する事が困難な人のために、専門学校では、理容室や美容室で働きながら通学できるように、通信課程というシステムも設けています。

ただし、中学卒の人が専門学校の通信課程に入学するためには、特別な入学試験を受けなければいけませんが、入学試験は簡単な学科試験と面接試験だけです。

Caratのスタッフの中でも、この試験を受けた人がいますが、それほど難しい試験ではありません。

通信課程の学費は、普通学科に比べるとかなり安くなります。

普通学科の学生に比べると、通学する期間は1年長くなりますが、学費は3年間の合計で約100万円です。

通信課程の学生は「理美容室で、働きながら資格を取る」というのが前提なので、自分で学費をまかなっている若者も多いです。

通信課程の学生の場合は、お店が休みの日である月曜か火曜に授業を受けます。

月曜と火曜は理美容業界の定休日なので、授業がない日は店で働くことができますが、普段は、仕事が終わった後に、毎月郵送される教材を使って勉強をします。

また通信課程の学生は、授業日数は約300時間に短縮されます。

これは実技についてはサロンで習得しているという前提だからです。

多くの専門学校では、通信課程の学生の入学式は10月です。

理美容学校で使用する教科書

この画像は、理容師や美容師の専門学校で使われている教科書です。

基本的には、普通学科の生徒も通信課程の生徒も同じ教科書を使います。

教科は

  • 数学
  • 理科
  • 社会
  • 保健
  • 理容理論(理容師)美容理論(美容師)

が基本です。

それ以外に、理容師や美容師として特別に勉強する科目があります。
例えば、理美容の歴史や、技術理論や伝染病、公衆衛生に関する科目があります。

普通学科なら2年間、通信課程なら3年間の通学が終わると、最後に卒業試験があります。

卒業試験に合格すると、専門学校を卒業することになり、その年のうちに学科試験を受験します。

学科試験は、「公益法人理容師美容師試験研修センター」が管轄しています。

学科試験を合格するには 、約8科目の教科から出題され、100点満点中60点を取らなくてはいけません。

当然ですが、学科試験では、どの教科でも0点があると不合格になります。

そして、学科試験が終わると、合格発表を待たずに実地試験を受験します。

理容師の実地試験

この画像は、理容師の実地試験の様子です。

試験の内容は、ウィッグ(マネキン)を使用したカットとシェービングです。

技術の仕上がりについては、それほど厳しくチェックされることはありませんが、技術をする時の姿勢や順番、それと衛生管理がしっかりとできているかが重点的にチェックされます。

美容師の実地試験

そして、こちらの画像は、美容師の実地試験の様子です。

試験の内容は、ワインディング(パーマを巻く技術)とヘアローションを使ったヘアセットです。

美容師の試験も、技術の仕上がりに関しては、それほど厳しくチェックをされることはありませんが、技術の順番や衛生管理に関しては、しっかりとチェックされます。

理容師も美容師も、国家資格は、テクニカルライセンス(技術的な免許)というよりも、衛生管理の責任者といった色合いが濃い資格なのです。

なぜなら、理美容の国家資格の管轄は厚生労働省だからです。

両方の試験を受験すると合格発表が出るのですが、学科と実地の両方が合格しないと免許は取得できません。

ただし、学科試験か実地試験のどちらかが合格していれば、1年以内に一度だけ、不合格の方を再受験することができます。

もし、再受験に合格すれば免許を取得できます。

また、学科試験も実地試験も年に2回行われます。

万が一、再受験も不合格だった場合でも、専門学校さえ卒業していれば、何回でもチャレンジができます。

みなさま、理容師と美容師の国家取得までの道のりを理解していただけましたでしょうか?

理容師や美容師の若者は、見た目は楽しそうに働いているように見えますが、実際は努力家な性格の持ち主だったりするのです。