明けましておめでとうございます。新年第一号のお便りは、ヘアーサロンCaratの新年の開店準備についてお伝えしたいと思います。

 

皆様は、お正月はどうお過ごしでしょうか?

私はというと正月休みに関わらず、1月3日から4日にかけて一人で店に出勤して、新年の開店の準備をしておりました。

代表とか社長と言っても、零細企業の経営者はこんなものです(笑)。

でもこの休日出勤が嫌かというと、そんな事はありません。

なぜなら、これが僕の毎年の恒例行事なので、今ではルーティンになっているからです。

むしろこれをやらない方が気持ちが悪い(笑)

開店準備って、どんなことをするのかというと・・・。

霜だらけの冷蔵庫

やるべきことは、毎年3つです。

一つはスタッフルームの冷蔵庫にこびりついた霜の除去。

年末はお店が非常に忙しかったので、こんなことをやっていられません。

結果、上の画像のような状況になってしまいました。

二つ目は店内とスタッフルームの床磨きとワックスがけ。

床のメンテナンスは業者にお願いすることもあるのですが、なぜか新年とお盆前は自分で丁寧にやらないと気が済まないのです。

 

パソコンの画面

そして3つ目は、本店と支店のホームページの見直し。

お店の検索順位が落ちないように定期的にあちこちいじるのですが、こういう作業は結構大切なのです。

SEOを意識して、細かい字のソースを打ち直したりするので実はこれが一番めんどくさい(涙)。

 

では早速作業を開始します。

綺麗になった冷蔵庫の中床を汚す作業は最初に行う必要があるので、一番初めは冷蔵庫から掃除します。

霜を取る方法は、ドライヤーで温めるのが一番です。

約2分程冷蔵庫の中を温めると、霜が解けて綺麗になります。

しっかりと水分を拭きとったら、霧状のアルコールを噴霧して消毒します。

そしてここからが裏技です。

冷凍庫の内部に「サラダ油」を薄く塗っておくと、次の掃除が楽になります

!!

皆さんもやってみて下さい。

上の画像は、綺麗になった冷蔵庫です。

 

掃除前の待合スペースの様子次は、理美容室の待合室の床磨きです。

そんなに汚れていないように見えるのですが、Caratの待合室の床はクッションフロアとか樹脂製のタイルもどきではなく、本物のタイルを使っているので汚れが陶器の凹凸にしみこんでいます。

白いタイルは本当に気品があってよいのですが、メンテナンスを怠ると悲惨な状態になります。

だから汚れが目立つ前に、きれいに磨く必要があります。

床磨きに使用する洗剤タイルを磨くのに一番良いと思うのは、このクリームクレンザーです。

塩素系やアルカリ系の強い洗剤を使うと、手っ取り早く汚れが落ちるのですが、陶器がもろくなってしまうような気がします(過去にそういう経験をしました)。

理美容室の床は油汚れではなく、外から侵入した土やホコリがしみついた物がほとんどなので、強い洗剤を使う必要はありません。

 

タイルを磨く様子ただ、こうやって何度も繰り返して床を磨く必要があるので、かなりしんどいのですが(涙)。

ひたすらこの作業を1時間近く繰り返します。

こうやって床を磨いていたら、近所のお客様から「あら、社長さんなのに、お正月から大変ね」と言われてしまいました。

・・・でもこれでいいんです。

商売人なので!!

 

フローリングの掃除につかう洗剤

待合いスペースの床がきれいになったら、次はスタッフルームと施術スペースの床を磨きます。

Caratの施術スペースの床も、Pタイルとかクッションフロアといったビニール素材の物を使っておらず、天然木なので強い洗剤はできる限り使わないようにしています。

この写真のように、お風呂用の洗剤を使います(それも100円ショップのやつ)。

施術スペースではパーマ液やヘアカラー剤といった薬剤を使っているのですが、ウチのスタッフ達は行儀が良いのでこぼしたりする事が少ないので、これで十分です。

床を磨く様子お風呂の洗剤を水で薄めてモップを使って何度も磨くのですが、正直これもしんどい!!

何せ洗浄力が弱いので。

この作業だけで2時間はかかりました。

ちなみに、床を磨く前に店の中の機械や家具などを全て屋外に運び出すのに、別に30分はかかっています。

今年も良く頑張るわ・・・俺。

床にワックスをかける様子

これは床磨きが終わって、ワックスがけをしている様子です。

この画像は3回目のワックスがけの時なのですが、この段階になると楽しくなってきます。

なぜなら、輝いてくるから(嬉)!!

この作業を5回繰り返せば床の掃除は全て完了です。

バーバーチェアを磨く洗剤ここまでで、約半日経過しているのですが、こうなってくるとテンションが上がってきて、ついでに何かしたくなります。

これはバーバーチェアを磨く前の様子です。

お客様が座るバーバーチェアは、自動車用のシートクリーナーで磨くと革がいい感じに輝きます。

実は、このバーバーチェアってすごく高いの知ってました?

一台あたり50~60万円もするんです。

樹脂にを保護する洗剤そして、バーバーチェアの樹脂の部分にも艶出しを塗付します。

僕がいつも使っているのは「アーマーオール」。

若いころにクルマを磨いた経験がある人にはお馴染みの商品です。

これを使うと樹脂に艶が出るのと同時に劣化を防いでくれます。

掃除が完了した店内の様子そして日も暮れてきたころ、お店の床はこんな感じになりました。

今すぐにでも店を開店したい気分です!!

いつもの事ですが、こうやって新年にお店を磨く事は、僕にとって初詣に出かけるより大切なことです。

お店のおかげで、お客様のお世話ができるし、

お店がきれいなおかげで、スタッフも気持ち良く働いてくれます。

ところで、ここまでの作業を見ていて、僕の血液型わかりますよね?

そうですA型です(笑)。

 

ところで・・・

ビールの空き缶ちなみにいつものことですが、お正月休みなので、掃除の作業は、こんな感じにビールを飲みながら行いました。

パソコンの作業は、酔ってきたので明日の宿題とします。

2019年のCaratは、1月5日から営業いたします。

どうぞ皆様、本年もCaratをよろしくお願いいたします。