本文へスキップ

名古屋のおしゃれな床屋さんのていねいで気持ちが良いマッサージのくわしいご案内です。

      Caratの肩・腰マッサージの徹底解説HEADLINE

肩こりや腰痛が、なかなか治らない時って、つらいですよね?
原因は、お仕事を頑張り過ぎたのかもしれませんね。
そんな時に、うれしいのが、行きつけの床屋さんのマッサージ。
Caratの、こだわりの肩や腰、背中のマッサージを、ご紹介します。

理容師が得意な肩、腰マッサージをくわしく解説します。

alt=””床屋は、バーバーとか、理容室とか、ヘアサロンなどなど、呼び方はいろいろあります。
でも昔から床屋と言えば、「正確なカットと顔そり、そしてシャンプーの後の肩もみ」というイメージを持っている方も多いと思います。
私の両親も理容業を営んでいましたが、肩や腰のマッサージには、非常に強いこだわりを持っていました。
そう考えると、床屋の肩もみは、男性にとって一番身近なマッサージなのかもしれません。
このコーナーでは、そんな床屋さんがこだわるマッサージについて、くわしくお伝えいたします


床屋さんのマッサージのイメージ
まず、マッサージについて解説いたします。
  • 「按」はおさえるという意味。「摩」はなでるという意味です。按摩(あんま)とは、東洋医学からきた考え方です。
  • 「マッサージ」とは西洋由来の言葉で、血流の改善を目的として、「手当をする」という考え方です。
  • そして、よく聞く「指圧」というのは、いろいろな活法を取り入れて生まれた術式との事です。
  • 本格的にマッサージを施術するためには、按摩マッサージ指圧師(あんままっさーじしあつし)という国家資格が必要です。

Caratのマッサージは、プロの医療マッサージ師の指導と監修を受けて生まれました。
Caratでは、機械を使用したマッサージと、技術者の手による指圧や按摩を融合したマッサージを、とりいれています。

※技術の紹介用に、スタッフが相モデルで撮影した画像です。 
マッサージの解説をする当店のスタッフ達
この画像は、肩や腰のマッサージの解説を担当するCaratのスタッフです。
今回のモデルは女性ですが、基本的に男女とも同じような施術内容になりますので、男性の方も、どうぞ参考にして下さい。

当店のマッサージで使用するマッサージ機(バイター)
肩や腰のマッサージで、最初に使用するのは、このバイターというマッサージ専用の機械です。
上の画像では分かりにくいのですが、これはプロ専用の機械なので非常に重たいです。
一般の方は、片手で扱うのはかなり難しいと思います。
一般に流通しているバイターよりも、このバイターが発生させる振動は、かなり強いです
この機械の使用目的は、硬くなってしまった筋肉をほぐす事と血行促進です。

バイターを使用して肩をマッサージする様子
まずは、バイターを使用して、肩をマッサージします。
バイターを、肩の内側から外側に向かって、円を描くように当てていきます。
肩は意外と神経が鈍感な場所なので、バイブレーションは強目に設定しています。
右肩と左肩、交互にマッサージをしていきます。
徐々に硬くなっていた肩の筋肉が、やわらかくなっていきます。

バイターを使用して背中をマッサージする様子
肩のマッサージが終わったら、次はバイターを背中から腰に当てていきます。
背中は、脊髄に沿った真ん中と、その両脇の3本のラインの筋肉を、ほぐしていきます。
腰は、脇腹の辺りの筋肉を中心にほぐしていきます。
ところどころに、気持ちが良いと感じるツボがあります。
気持ちが良いと思われる部分は、バイターを強く当てていきます。
背中と腰も、神経が鈍感な場所なので、バイターの振動は強めに設定しています

バイターを使用して首をマッサージする様子
そして今度は、首のマッサージをします。
首の施術の対象は、背骨の上部から、盆の窪(ぼんのくぼ)といわれる場所にかけての筋肉と、左右の肩から耳の後ろにかけての筋肉を、ほぐしていきます。
首は神経が繊細なので、バイターのバイブレーションは弱く設定しています。
当然の事ですが、繊細な首には、バイターは優しく当てていきます。

ところで、バイターを使用すると、肩や背中がかゆくなってくる事があります(そういう人が多いです)。
これは滞っていた血流が促進されてきたことによっておこる現象です。
それは良い事なので、心配をする必要はありません。

肩や背中のツボの図解解説のイラスト
バイターを使用したマッサージが終わると、次は技術者の手で、マッサージと指圧を行います。
人間の首や肩や背中には、上のイラストの様なツボがあります。
これらは、マッサージの技術としては、最も代表的なツボです。
手を使用したマッサージでは、このツボをピンポイントに指圧をしていく必要があります。

ちなみに「ツボって何?」と疑問をお持ちの方に、くわしく説明をします。
ツボとは、体の中のいろいろな内臓や期間を繋ぐ経路(血液、水分、気を運ぶ)の中に点在するポイントの事を言います。
このポイントは、経路の中に存在するので、これを経穴といいます。
この経穴の事を、一般的にツボといいます。

要するに東海道の関所みたいなモノです。
指圧は「関所付近に人が溜まってしまって大渋滞になってしまっているので、そこを開放してあげましょう」ということです。

首のマッサージを施術する様子
※画像では、施術内容がわかりやすいように、タオルを使用しないでマッサージをしています。

手を使ったマッサージは、首から始めます。
首に、風池(ふうち)天柱(てんちゅう)と言うツボが存在します。
首の筋肉をほぐしながら、首のツボを指圧します。
これらの首のツボの指圧は、めまい目の疲れ頭痛脱毛肝臓の疲れなどの改善の効果があると言われています。
Caratでは、デスクワークの仕事をしている方には、首を重点的にマッサージするようにしています。

背中のマッサージを施術する様子
次は、背中をマッサージします。
背中は、首よりも大胆に筋肉をもみほぐします。
背中にも、大杼(だいじょ)膏盲(こうこう)曲垣(きょくえん)といったツボが存在します。
これら背中のツボへの指圧は、発熱風邪循環器疾患五十肩などの改善の効果があると言われています。
Caratでは、肉体労働の職業の方や、体調を崩し気味の方には、背中を重点的にマッサージするようにしています。

肩のマッサージを施術する様子
背中のマッサージが終わると、今度は、肩の辺りのマッサージをします。
肩のマッサージは、肩髃(けんぐう)から肩井(けんせい)というツボに向かって、指圧をしながら筋肉をほぐしていきます。
この辺りのマッサージは、肩こり持ちの方に一番喜ばれるポイントです。
肩のツボへの指圧は、五十肩皮膚疾患脳卒中など、そしてズバリ、肩こりの改善の効果があると言われています。

仕上げのマッサージを施術する様子
ひととおりのマッサージと指圧が完了しました。
しかし、これで終わりではありません。
ここからは、お客様のリクエストがあれば、再び希望の場所を、マッサージします。
モデル役のスタッフは、背中をリクエストしたようです。
Caratは、仕事が少々ハードだったかな?(笑)

マッサージが終了した施術者とモデル
そして、これは全てのマッサージが完了した様子です。
モデル役のスタッフも、とても良い笑顔をしています。

肩や背中が凝ってしまった時には、マッサージの専門店に行く事も選択肢の一つです。
しかし、忙しい日常の中で、マッサージの専門店に行く事は、なかなか難しいですよね。
そんな時は、理容室でカットをしたついでに、念入りにマッサージをしてもらうのも非常に便利で良いかと思います。
そんな便利なマッサージを、Caratではご利用していただけます。

   
トップページへ


Comfortable&髪工房Carat

Caratは名古屋市名東区のおしゃれな癒やしの理容室です

気品のある空間で、ぜいたくな時間を過ごしてみたい。
ヘアスタイリングだけでは満足できない。
理容室Caratは、大人の男性のための深夜まで利用していただける高級メンズサロン、新感覚の床屋です。
今日も豊富なメニューと上質なサービスを用意して皆様のご来店をお待ちいたしております。


〒465-0091
愛知県名古屋市名東区よもぎ台2-917
TEL.052-760-4017

alt=””平日はPM21:30まで
営業しています。

今月の定休日はこちら
営業時間と定休日、料金

Caratの店内の動画です。

便利な使い方の御案内のページへ
フリーWifiとクレジットカードが利用可能です。ポイントも貯まります。

当店のこだわりンページへ
Caratのこだわりのご紹介です。

当店の社会貢献のページへ
当店の社会貢献のご紹介です。

スマートフォンページはこちらから
スマートフォン版H.Pはこちら。

株式会社Caratのフェイスブックページ
Caratのフェイスブックページです。

<div class="line-it-button" style="display: none;" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="http://carat.nagoya/"></div>

メンズサロンCaratのツイッターページ
Caratのtwitterのページです。

当店の姉妹店、南風のホームページへ
Fine Sunny Rom南風

カジュアルなヘアサロンです。
Caratの姉妹店です。

よくある質問や問い合わせのページへ
よくあるご質問やお問い合わせにお答えします。

サイトマップのページへ サイトマップ