みなさんが、「髪を切りたい」と思った時は、行きつけの理容室や美容室に行きますよね。

そんな、理容室や美容室を選ぶときに、カットに必要な料金は、大きな判断材料になると思います。

カットの料金は、安い理容室(美容室)の場合は、1000円から2000円位で、普通の理容室(美容室)の場合は、4000円から5000円程度の料金です。

理容室や美容室の中には、カットの料金が、6000円から10000円もする高級店もありますが、今回は、料金が安い理美容室と、普通の理美容室の違いについて、お伝えしたいと思います。

理美容室の、カットの料金の違いは、「仕上がりの良さ」や、「仕事のていねいさ」ということは、みなさまも、知っているかと思いますが、安い理美容室の業界の中身は、くわしく知らないかと思います。

実は、一部の例外を除いて、理容室や美容室のスタッフの給料は、カットの料金に反比例します。

低料金の床屋さんのイメージ

例えば、上の画像のような、1000円でカットを提供するような、低価格の理容室の場合は、スタッフに支払われる給料が高い場合が多いです。

低料金の理美容室場合は、技術者であれば、給料の手取りが30万円以上というお店も珍しくありません。

給料の内訳は、能力給の割合が多いです。

低料金の理美容室では、能力というのは、「カットをした客数」のことをいいます。

低料金の理美容室の多くは、カットに要する時間は10分以内と決められていますので、技術者は、早く仕事をすることを要求されます。

このような低料金店では、見習いのスタッフは少ない傾向があります。

なぜなら、これから理容師や美容師を志す若者は、一般的に、ていねいで高い技術を身に着けたいと思うからです。

だから、低料金店で働くスタッフは、普通の理美容室でスキルを身に付けて技術者として転職してきた人や、「中見習い者」といって、普通の理美容室で途中まで仕事を覚えてきた人が転職で就職した人が中心です。

低料金店で働くスタッフは、給料面を重視して転職してきた人が多いので、一生懸命に「早い仕事」を心がけます。

低料金の理美容室は、技術者の指名ができないことが多いので、運よく技術が良い人に当たれば、それなりの仕上がりも期待ができます。

カットの精度よりも価格を重視する人や、ヘアスタイルのデザインや、スタイリストによる提案を必要としない人、または、ゆっくりと癒やされるようなサービスを必要としない人は、このような低料金店でも十分かもしれません。

通常のヘアサロン

そして、カットの料金が、4000円以上の理美容室の場合は、高い給料を手にできるのは、能力やスキルが高い技術者だけです。

通常の理美容室では、レベルの高いサービスを必要とされるので、まだ技術が未熟な、見習いやアシスタントのスタッフは、生産性が低いからです。

高料金の理美容室では、能力というのは、「指名客の多さ」と「お客様の支持をどれだけ得ているか」です。

いくら仕事が早くても、お客様の支持が少ない技術者は、評価をされません。

だから、高料金の理美容室のスタッフは、お客様の指名や、支持をいただくための努力や訓練をします。

この、厳しい世界が嫌になって、低料金の理美容室に転職してしまう技術者や、見習いの段階で辞めてしまって、「中見習い」として、低料金の理美容室に転職する人も多くいます。

料金が高くても、ゆったりと癒やされたい人や、スタイリストにヘアスタイルの相談などを必要とする人は、普通の料金の理美容室を選んだ方が良いと思います。

しかし、理美容室の中には、カットの料金は普通でも、サービスや技術の質が伴っていないお店もあります。

特に理容室に、その傾向が見られるような気がします。

なぜなら、理容業は組合が、価格の統一を行っているからです。

町の床屋さんって、ほとんどが同じような料金ですよね?

組合に加入している理容室は、自分のお店だけ価格を下げることができないからなのです。

ですから、外れのない理容店を探す場合は、次の4点を目安に判断をすると良いかと思います。(あくまでも僕の主観です)

  1. お店の外観は、時代に合った店舗改装をしているか?
  2. スタイリストは、おしゃれな服装をしているか?
  3. 若いスタッフを雇っているか?もしくは、若いお客さんも利用しているか?
  4. お店のスタッフが、暇な時に客待ちに座っていないか(笑)?

僕は、理美容業が大好きなので、低料金のお店でも、高価格のお店でも、経営努力をしているお店は否定をしません。

皆様が、自分のニーズに合った理美容室を見つけて、満足していただければ、理美容師として、とても幸せに思います。

このコラムを、良いヘアサロンを見つけるための参考にしていただければ幸いです。