日本人にとっては、とても大きなイベントである、大みそかや元旦も、あっという間に過ぎて、正月休みも、残りわずかという方も多いのではないでしょうか?

そんな、1月3日に、私「ヒデマサ」は、お店に出勤して、床のワックスがけと、大掃除をしました。

私は、理容や美容の仕事が大好きなので、休暇中でも、何かと職場に出てきてしまうクセがあります。

私にとって、正月の期間中に、お店の床を磨くのは、Caratを創業した16年前から、ずっと続けている習慣です。

新年に、お客様を迎える準備を、心を込めて行うことは、商売人としてとても大切な事と考えているからです。

Caratは、今では、支店も出店させていただいて、事業所も法人にすることができましたが、これも全て、お客様の、あたたかい応援と、ご愛顧のおかげなのです。

そんな、ご愛顧や応援に、感謝の気持ちを込めて、毎年新年に、お店の床を磨いています。

だから、床磨きは、業者に依頼をしないで、自分で床を磨きたいのです。

新年の掃除が終わった理容室の店内

そして、これが、床磨きが終わったお店の画像です。

今年は、「やることがないから」と、スタッフのフジエさんも、手伝ってくれました。

フローリングの床は、磨き上げて、ワックスをかけると、しっかりと艶が出るので、とても気持ちが良いです。

綺麗になったCaratの玄関の様子。

お店の玄関や、客待ちのスペースの床は、白いタイルでできているので、ここも、しっかりと磨きあげました。

これで、本年も安心して、お客様を、迎える事ができます。

理容室の中の様子

そして、頑張った御褒美は、これです(笑)。

Caratは、なぜだか、理容室なのに、やたらバーボンが並んでいますが、こういう時に飲むのです。

Caratは、1月5日(金)から、通常営業をします。

どうぞ皆様、本年もCaratを、よろしくお願い致します。