お客様のカットをしていると、髪が薄くなってきたお客様に「どんな髪形にしたら良いか?」と尋ねらることがあります。

僕は、お客様から「薄毛に関する相談」を受けると、とても嬉しく思います。

なぜなら、男性にとって薄毛は非常に繊細な悩みだからです。

だから、プロとして、精一杯のアドバイスをするように努力しています。

ここでは、そんな「薄毛に悩む男性」におすすめのヘアスタイルを紹介したいと思います。

 

髪が薄くなった男性の画像まず、上の画像の男性を見てください。

前髪が、若干薄くなっています。

長めのヘアスタイルを好む人は、長めの前髪を下すようなヘアスタイルを注文をする場合が多いです。

僕も、お客様が望むのであれば、こういうヘアスタイルになるようにカットします。

 

ヘアスタイルをアレンジした男性の画像しかし、お客様に「ヘアスタイルの提案」をお願いされた場合は、この画像のようなヘアスタイルを勧めます。

前髪を含めて、髪全体を短くします。

その上、前髪を上げます。

こういうヘアスタイルにすると、額が広く見えてしまいますが印象が明るくなりますし若く見えます。

 

ショートヘアの男性の画像この画像の男性の場合は、さらに髪を短く切ってメガネをかけています。

メガネが似合う人で、ショートヘアにする事に抵抗がない場合は、こういうヘアスタイルを提案することもあります。

薄毛が気になってきた場合は、できるだけ短いヘアスタイルにした方が良い結果に繋がります。

 

ショートヘアの日本人男性の画像さらに髪が薄くなってしまった場合は、このようなヘアスタイルにするのも良いかと思います。

上の画像の人が長めのヘアスタイルをすると、かえって老けた印象になると思います。

ただし、ショートヘアは、こまめにカットをしないと、だらしなく見えてしまうので注意が必要です。

 

ショートヘアの外国人の男性外国人の場合は、髪の色が明るいで髪が薄いのが目立ちにくいです

しかし日本人は黒髪なので、どうしても目立ってしまいます。

なぜなら、髪の色が明るい方が地肌が目立ちにくいからです。

白髪を染めている人の場合は、思い切って染めるのを止めてしまうか、明るい色のヘアカラーに変えることもおすすめです。

 

帽子が似合う男性の画像髪を短くすると、ヘアスタイルのアレンジが少なくなります。

仕事が休みの日などは、帽子のおしゃれを楽しむのも良いと思います。

日本は、ヒゲを伸ばすことを許されにくい風習があるので、帽子やメガネを上手に使っておしゃれを楽しむことをおすすめします。

ヘアスタイルを変えることは非常に勇気がいる事です。

もし、少しでも気になる時には、軽い気持ちで僕に相談してください。

決して無理強いすることなく提案をさせていただきます。