あたたかい春がやってきました。

長かった冬も終わり、なぜか心がウキウキしてしまう嬉しい季節ですね。

そんな春ですが、花粉症で悩んでいる方も、多いのではないでしょうか?

花粉症は、私たちの体のいろいろな所にアレルギー反応をおこします。今回は、理容師が教える花粉症対策についてお伝えします。

花粉症で鼻の調子が悪いイメージ花粉症というと、上の画像の様に、アレルギーによって鼻炎になってしまうイメージが一般的なのですが、実は体の色々な部分の調子が悪くなります。

花粉症による、痒みのアレルギーのイメージCaratに来店するお客様の中には、花粉症によるアレルギーで、体や頭皮がかゆくなってしまって、皮膚に炎症を起こしてしまっている方を多く見かけます。

特に、アトピー性皮膚炎の方に多い症状なのですが、かゆみを我慢できずに、掻いてしまって、皮膚が炎症を起こしてしまっています。

顔や体の場合は、皮膚を目視することができるので、皮膚炎になるとすぐにわかるのですが、頭皮の場合は、髪の毛に隠れてしまっているので、皮膚炎がかなり進行していても、本人が気付いていない場合が多いです。

頭皮の皮膚炎に気付かないで、パーマやヘアカラーをすると大変な事になりますし、パーマやヘアカラーをしなくても、フケが発生したり、最悪の場合は、抜け毛の原因にもなりかねません。

「頭が、やたらと痒いな・・・」と感じている場合は、頭皮の皮膚炎を疑っても良いかもしれません。

治療薬のイメージ頭皮が、かゆくなっても、掻かなければ皮膚炎にはなりませんが、かゆみに耐えきれずに日常的に掻いてしまうと、頭皮が損傷してしまって、損傷した頭皮に細菌などが入り込むと皮膚炎を起こしてしまいます。

皮膚炎が軽度の場合は、抗ヒスタミン剤などを服用する事によって、かゆみが軽減されて、掻く事をしなくなる事によって皮膚の荒れも改善していきます。

ただし、皮膚炎が進行してしまっている場合は、ステロイド系の軟膏や経口薬を使用する必要が出てきます。

そこまで進行する前に、たった3つの事を実行するだけで、頭皮の荒れを直すことが出来るのです。

とても簡単なことなので、どうか試してみて下さい!!

清潔な爪のイメージまず一つ目は、爪を短くすることです。

「えっ、そんなこと?」と思いますよね(笑)

でも、これは結構重要なのです。

Caratで、頭皮が荒れているお客様を見ている、利き手側の側頭部の頭皮が荒れている人を多くもかけます。おそらく日中や、寝ている間の知らず知らずのうちに、掻いてしまっているのだと思います。

だから、深爪をする事によって、頭皮を掻いてしまっても、爪で肌を傷つけてしまうことを予防できるのです。

ドライヤーで髪を乾かすイメージそして二つ目は、お風呂でシャンプーをしたら、寝る前にしっかりとドライヤーで頭皮を乾かすことです。

これも「えっ、そんなこと?」と思いますよね(笑)。

でも、これもとても重要な事なのです。

シャンプーをした後に、タオルで簡単に髪を拭いて寝ると、就寝中に、頭皮の細菌がたくさん繁殖します。

頭皮に残った水分と体温が、細菌を増殖させるのです。

皮膚炎になりかかった頭皮に発生した最近は、皮膚炎を悪化させてしまいます。

だから、寝る前のドライヤーは大切なのです。

そして、このドライヤーを使用する時に大切なことがあります。

それは、ドライヤーで髪を乾かすのではなく、頭皮を乾かすことです。

しっかりとドライヤーを使用しても、髪だけが乾いて、頭皮に水分が残っていては駄目です。

しっかりと、頭皮を乾かしてください。

シャンプーのイメージそして3つ目は、使用するシャンプーです。

頭皮が荒れてしまっている場合は、頭皮に最適なシャンプー剤を使用することは重要なのですが、どのシャンプーが自分の頭皮の状態に合っているかを調べるのは難しいです。

そんな時は、赤ちゃん用のシャンプーを使用するのが一番だと思います。

なぜなら、赤ちゃん用のシャンプーは、最も安全性が高く、最も低刺激だからです。

赤ちゃん用のシャンプーは、洗浄力は高くないですが、皮膚炎を起こしてしまった頭皮には、刺激が少ない事がもっとも重要です。

高級なシャンプーは、髪には有効ですが、荒れた頭皮に良いかどうかはわかりません。

だから、赤ちゃん用のシャンプーなのです。

よって、頭のかゆみや荒れが、酷くなってしまった場合は、

  1. 爪を短く切る
  2. 寝る前にしっかりと頭皮を乾かす。
  3. 赤ちゃん用のシャンプーを使用する。

この3つのことを実行してみてください。想像以上に改善すると思いますよ。

枕のイメージちなみに、枕も定期的に綺麗にして下さいね。

頭皮が皮膚炎になってしまっている場合は、すでに頭皮に細菌が発生していますので、枕を清潔にすることも、とても重要です。