今回は、「もしかしたら、Caratに久しぶりに新人が登場するかも?」という出来事をお伝えしたいと思います。

 

スタッフ募集のイメージ

世間を騒がせたカリスマ美容師ブームも終わって、ここ最近は理美容業界を含むサービス業はどこも人手不足です。

株式会社Caratも同様で、現在はスタッフが多かった時に比べると、本店と支店を合わせても約半分のスタッフで営業をしています。

特に理美容業界は、修行が厳しいというイメージが強いので若者が避ける傾向にあるようです。

一部の事業所を除くと、今はそんなに厳しくないんですけどね(笑)。

 

当社には職場体験という制度があります。

 

店内でスタッフが働く様子

そんな、ここ数日の出来事です。

10代の女子が泊りがけで、当社に4日間の体験就労にやってきました。

上の画像のようにCaratのスタッフと同じように、新人スタッフとして働く体験をしに来たのです。

実はこの体験就労は、ずっと昔からCaratが行っているのですが、「理美容で働きたい」と言ってくれる若者には面接だけでなく、実際に数日職場体験をしてもらうようにしているのです。

実際に働いてみないと、職業の本当の部分って見えてこないので・・・。

私たちは面接だけで採用を決めるのもどうかと思うし、エントリーしてくれた人も面接だけで就職を決めるのは勇気がいると思うし。

実は、この職場体験。

昨年も何人か経験してもらっているんです。

結果、就職に結びつく人は一人もいませんでした。

僕らもそれで良いと思っています。

本当に理美容師として、スタイリストを目指す人と一緒に働きたいから・・。

 

そして今回はというと?

今回の職場体験は、1月の3連休を含む4日間の日程で行いました。

かなりハードな3連休でした。

しかし、本人曰く「楽しかった」との事。

アシスタントワークもしっかりとこなしていました。

とても元気で明るい女子です。

「是非、当社で働きたい」と言ってくれています。

とても嬉しいことです。

 

しかし・・・。

すぐにでも一緒に働きたいと思うのは私たちの総意ですが、私から一つ提案をしました。

それは、別業種でも良いし同業他社でも良いので、最低でも、さらに一か所は職場体験をしてみること。

それから決めても遅くないので。

そのためのお手伝いをする事にしました。

実は私は、そういうボランティアをしているのです。

人それぞれの事情があります。

彼女も社会に出たら、親を頼らずに生きていかなくてはいけません。

社会に出てから転職する事も簡単にいかない可能性もあるので、存分に色々な職業を見てから決めてほしいと思うので。

当社も人手不足なのは事実ですが、一人の若者を雇用するという事は私にも責任が生じます。

ですから、当社の事情よりも、エントリーしてくれた若者の立場に寄り添っていきたいと考えています。

・・・そして、色々な事業所を見て、その上で当社を選んでくれたら、

その時は本当に嬉しく思います。

スタッフ全員で温かく迎えてあげたいと思います。