Caratは名古屋市名東区の深夜も利用できるおしゃれな理容室です。

Caratのヘア・トリートメントHEADLINE

alt=””ヘアサロンで出来るトリートメントの御案内です。
リンスとトリートの違いもお教えします!!

丁寧なヘア・トリートメントの施術は結果に差が出ます。
当店のヘア・トリートメントを詳しく解説致します。

画像はメニュー紹介用に相モデルで撮影したものです。
これからトリートメントを施術する様子
上の画像は、ヘア・トリートメントの施術をするための準備をしている様子です。
画像のモデルは女性ですが、男性の場合でも基本的な施術内容や、使用するトリートメント剤は同じです。
男性の方も、どうか参考にして下さい。
また当店では、パーマやヘアカラーを施術したお客様は、3週間以内に御来店いただければ、このサービスを無料で受ける事が出来ます。

リンスとトリートメントの違いの説明のイラスト
まず最初に、「ヘア・トリートメントとは何か?」についての説明を致します。
普段皆様は、シャンプーの後にリンス・トリートメント・コンディショナーの3種類のどれかを使用すると思いますが、その3種類の違いですが、分かりやすく説明をすると上の図のようになります。
  1. リンスとは、含まれる有効成分が、髪の表面をコーティングする事によって、髪を損傷から保護しようとするもの。この性質を付着性といいます。
  2. トリートメントとは、含まれる有効成分が、髪の内部に浸透する事によって、髪の損傷を回復させようとするもの。この性質を吸着性といいます。
お分かりいただけましたか?
それぞれの性質が違うのです。
また、それぞれの目的はリンスは保護、トリートメントは回復という事になります。
そして、コンディショナーについては、明確には定義は無く、メーカーごとに表記は様々なようです。

トリートメントを施術前の診断の様子(髪の根元)
トリートメントについて、御理解頂けたところで、次は、施術内容の説明に進みます。
まずは、トリートメントを施術する前の毛髪の診断の様子から見ていきましょう。
上の画像のモデルは、約一か月前にヘアカラーをしています。
髪の根元部分は自毛なので黒色ですが、それ以外の部分はヘアカラーによって茶色に染まっています。
これは、俗に言う「プリン状態」という状態です。
このようにヘアカラーをした髪を既染毛(きそんもう)と言います。

施術前の診断の様子(毛先)
毛先の部分を診断してみます。
水分が少なくなって、髪が乾燥している様子がお分かりいただけると思います。
度重なるヘアカラーの施術によって、本来は髪に備わっている保水能力が失われた状態です。
この様に、ダメージを受けてしまった髪を損傷毛(そんしょうもう)と言います。
今回は、この損傷毛にトリートメントをしていきます。

シャンプーを施術する様子
まずは、シャンプーをして、丁寧に頭皮や髪の汚れと皮脂を除去していきます。
このような場合は、トリートメント成分が髪に浸透しやすくなるように脱脂効果の高いシャンプーを使用します。
今回はシャンプーが終了しても、リンスは使用しません。

タオルドライで髪を乾かす様子
これは、シャンプーが終了して、髪をタオルドライをしている様子です。
タオルドライにもコツがあります。
それは、髪に摩擦を与えないようにふき取る事と、両手で持ったタオルで毛先を叩くようにする事です。
これは、髪の損傷を進めてしまわないようにするためです。
さらに、髪の水分が30%程度になるようにふき取りをする事も大切です。
これは、30%程度の水分が残っている方が、トリートメントの塗布がしやすく、トリートメントに含まれる成分も浸透しやすくなるからです。

今回使用するトリートメント剤の紹介をしている様子
今回使用するのは、上の画像の補水効果が高いタイプのトリートメント剤です。
当店のスタッフの二人が仲良く紹介しています(笑)。
このトリートメントは、海藻の成分が含まれています。

トリートメント剤を塗布している様子
髪の毛のダメージの影響が、最も大きく現れるのは毛先です。
何故なら、パーマやヘアカラーを頻繁にしている場合は、毛先の部分が最も影響を受けるからです。
毛先は、枝毛や脱色、切れ毛などの症状が出やすいので、毛先を重点的にトリートメントを塗布していきます。
髪が長い場合は、上の画像の様にブロッキングをしてトリートメントを塗布します。

髪の毛をコーミングしている様子
塗布が完了したら、トリートメントが全体にまんべんなく行き渡るように丁寧にコーミングをします。

トリートメント剤塗布が終了した様子
上の画像は、トリートメントの塗布が全て完了した様子です。
髪が艶やかに見えます。
しかし、これは、トリートメント剤が髪に付着しているだけの状態です。
このトリートメントの有効成分を、どれだけ髪の内部に浸透させるかが大切です。
それがこれからの作業になります。

超音波スチームによる浸透促進をしている様子
髪の毛の表面には、皆様御存じのキューティクルという組織があります。
その内部にトリートメントの有効成分を浸透させる対象のコルテックスという組織があります。しかし、コルテックスに有効成分を効率よく浸透させるには、少々手間を要します。
当店では、超音波で発生させた高温のミストを使用して、有効成分を髪に浸透させます。
この方法だと、髪の毛がミストによって膨潤します。その結果、キューティクルも膨張するので、キューティクルの組織に隙間が発生し、その隙間から有効成分を浸透させる事が出来ます。
上の画像がその施術の様子です。

皆様が自宅でトリートメントをする場合は、お風呂の中が近い状態になります。
お風呂でシャンプーの後にトリートメントをした後、長時間放置をすると似たような効果が期待できます。

トリートメントの浸透作業が終了した様子
これは約10分間が経過して、施術用のキャップを外した様子です。
スチームミストを使用してトリートメントの浸透を促進させた後の様子です。
写真では分かりにくいですが、頭部から湯気が沢山出ています。
通常では、これからリンシング(お湯を使用してお流しをする事)をして、余分なトリートメントを洗い流して終了です。

髪の補修効果のある薬剤の紹介の様子
今回は、特別に、再び毛先に別のトリートメント剤を使用します。
先ほどのトリートメントは、髪の補水効果を目的にしたトリートメントですが、今度は、髪の組成成分に似たコラーゲンが含まれているトリートメントを使用します。
今回のトリートメントの目的は髪のダメージのの補修です。

一回で使い切りのトリートメント
このトリートメントは鮮度を保つために一回分ずつ小分けしてあるので新鮮です。
当店では、髪質や損傷の状態によって、適切な対応が出来るように数種類のトリートメント剤を御用意していますが、2液式のトリートメント剤は使用しません。
何故なら、施術工程が複雑だったり、費用が割高になる割に効果が少なかったり、効果が長持ちしない事が多いからです。

毛先にトリートメントを塗布する様子
2回目に使用するトリートメントは液体なので、このように手を使用して直接毛先に馴染ませていきます。
非常に浸透が早い薬剤なので、今回は超音波スチームは使用しません。

ヘア・トリートメントの施術が完了し艶のある髪の毛
そしてこれは仕上がりの様子です。
敢えてブローはしないで。髪を乾かしただけの状態です。
施術前の画像に比べると、随分と髪に艶が出ているのがお分かりいただけると思います。
毛先が乾燥してパサいていましたが、かなり改善されました。

施術が完了して喜ぶ女性の様子
これは、髪が綺麗になって、嬉しそうなニコニコ顔のモデルさんです(笑)

※ただし皆様、ここからが大切です!!
この様にヘア・トリートメントは、髪が良くなったように見えますが、実は見えるだけです。
どんなに高価な薬剤を使用して、時間をかけて施術をしても、損傷毛は元に戻りません。
高い効果があるように見えても、継続期間は正直それほど長くはありません。
髪は爪と同じで、細胞の活動や成長を一切していません。
割れた傷ついてしまった爪って、絶対に修復しませんよね?
それと同じです。
トリートメントも、リンスやコンディショナーと同じで、予防と考えて下さい。
大切なのは、
トリートメントは損傷毛を直すものではなく、損傷の症状を目立ちにくくするもの、損傷の進行を予防するものと考えて下さい。
一番大切な事は、髪を痛ませることが無いように、普段から正しいヘアケアをすることです。