女性スタッフのていねいで安心のシェービング(お顔そり)を提供する理容室のくわしいご案内です。

当店のお顔そりの御案内HEADLINE

alt=”” 当店のシェービング(お顔そり)は男性も女性もご利用していただけます。
お顔そりが未体験の方必見です。
理容室のお顔そりをしっかりと解説いたします。

男性にも女性にも自信を持っておすすめしたいていねいなシェービングのご紹介です。

シェービング(お顔そり)は理容室が最も得意とするサービスの一つです。
Caratでは、「お顔そりをやってくれるから」という理由で、来店してくださるお客様も、多いかと思います。
「ずっと美容室に行ってたけど、久々に理容室に入った」と言って、Caratに来店したお客様の中には、シェービングの気持ち良さを、あらためて再認識をされて、再来店をしてくださる方も多いです。
ここでは、そんな理容師が、こだわりを持つシェービング(お顔そり)を、くわしくお伝えいたします。

まず、シェービング(お顔そり)に絶対欠かせない物をご紹介します。
シェービング(お顔そり)で使用するミストマシン
上の画像は、エステサロンなどで、使用される機械(ピジョンミスティ)です。
この機械から発生されるミスト(蒸気)は非常にきめが細かく、肌の保湿やシェービング(お顔そり)をする時の、うぶ毛の処理をしやすくしてくれます。
また、敏感肌の方へのダメージの軽減にも非常に効果がある頼もしい機械です。
Caratでは、その形が「ロボコン」ににているので、スタッフは、そのままロボコンと呼んでいます(笑)
この機械を使用するか使用しないかでは、シェービングの後の肌の調子が全然違ってきます。

シェービング(お顔そり)で使用するラザーミキサー
そしてこちらは、やわらかいフォーム(泡)を発生させる機械です。
Caratでは、シェービングをする時に、石鹸は使用しません。
シェービング(お顔そり)をする時には、上の画像のような、きめ細やかで、優しいフォーム(泡)を使用します。
このフォームは弱酸性で、刺激が少ないので、シェービングをした後の、お肌のツッパリ感を予防することができます。
そしてもう一つ、この機械を使用する最大の利点は清潔さです。

ネックシェービングを施術する様子
まず、襟足のうぶ毛を処理していきます。
この技術を理容師は、ネックシェービングといいます。
結婚式や成人式、法事などで、和装着物を着用する時や、パーティーに出席する時に、背中が大きく露出するタイプのドレスを着用する時は、襟足のうぶ毛が目立ってしまいます。
普段どれだけ美白やスキンケアに気を付けていても、背中やうなじのうぶ毛が目立ってしまうと、「毛深い」という印象を与えてしまいます
Caratでは、女性のお客様に、ネックシェービングやシェービングをする時には、必ず女性のスタッフが施術をします。
だから、安心して肩や背中のシェービングを、オーダーをすることができます。

女性のうなじの剃り方の図解説明
男性の場合は、カットをした襟足の形に合わせて、ネックシェービングをしますが、女性の場合は、上の図の様に、逆富士(富士山を逆さにしたような形)に、ネックシェービングをします。
なぜなら、このような形が、最も女性のうなじが、きれいに見えるからです。
理容店では、昔から女性のうなじは、逆富士の形に、ネックシェービングを、する事になっています。

額のシェービングを施術する様子
お顔は、額からシェービングを開始します。
額は、肌が張っているので、うぶ毛は目立ちにくいのですが、実はしっかりと生えています。
シェービングをすると、化粧をする時に、ファンデーションの乗りが良くなる上に、汗をかいた時に、ファンデーションが浮いてしまう事が少なくなります。
なぜなら、額は非常に汗をかきやすい場所だからです。
そして、額のシェービングでは、眉毛の形もきれいにします。
Caratでは、眉毛は特別な要望がない限り、「あくまでも自然な形を基本」に、作るようにしています。
ここで、眉毛をお手入れする時の注意点があります。
それは、決して眉毛の上の部分をそり過ぎない事です。
眉毛のお手入れをする時には、眉毛の下の方(まぶた側)を剃るようにする事が基本です。
皆様が自宅で眉毛ケアをする時には、ぜひ、こころがけてください。

お顔をシェービングしている様子
額のシェービングが終わったら、次は、お顔のシェービングをします。
お顔のシェービングをする時には、あたたかいミストを顔に当てながら、シェービングします。
女性の場合は、シェービングの目的は、ひげを剃ることではなく、細かいうぶ毛を処理することです。
口の周りや耳の下、頬のあたりが、最もうぶ毛が目立つ所です。
レザーワーク(かみそりの使用法)は、羽毛が肌に触れるような感触になる様にシェービングをします。
そのような、シェービングの技術をフェザータッチといいます。
レザー(かみそり)は、右のこめかみから頬にかけて優しく肌に当てていきます。
頬の次はあご、その次は首、という順番で、うぶ毛を残さないように、丁寧にシェービングを、していきます。
そして、左側も同様にシェービングを行います。
ほとんどのお客様が、シェービングをしていると、気持ち良さそうに眠ってしまいます。

鼻をシェービングする様子
お顔のシェービング終わったら、今度は細かいところのうぶ毛を、剃っていきます。
ミストを使用して、シェービングをする事によって、うぶ毛が水分を含んで起きてきます。
そのような状態になると、技術者は、きめ細やかなシェービングをすることができます。
上の図は、鼻の頭の部分に生えている、うぶ毛を、きれいに処理をしているところです。

耳のうぶ毛を剃る様子
耳も、うぶ毛が目立つポイントです。
耳の周りから耳たぶにかけて、ていねいにシェービングをしていきます。
特に、耳のシェービングは、細かい作業です。
やさしく繊細なレザーワークが必要とされます。

シェービング後のふき取りの様子
シェービングが終わりました。
今度はフォーム(泡)の拭き取りをしていきます。
シェービングは、肌に対して、十分な配慮をして施術をしました。
しかし、肌に刃物を使用した後なので、シェービングの後は、できるだけ肌に負担をかけないように、やさしく拭き取りをする事が大切です。
拭き取りには、シェービングに適した、毛足の長いスチームタオルを使用します。
敏感肌の女性の方には、エステに使用するコットンタオルを使用します。

そして、拭き取りが終わったら、次は、耳そうじをします。
さらに、男性の場合は、鼻毛の処理もします。
なぜなら、首から上は、徹底的にきれいになっていただきたいからです。

耳掃除を施術する様子
当店では、御希望の方には拭き取り終了後には耳掃除をサービスしております。
男性の方の場合は、鼻毛の処理も致します。
首から上は徹底的に綺麗にして頂きたいからです。

アフターシェーブのスキンケア化粧品
最後に、シェービングの後にはローションやスキンミルクを使用します。
スキンローションやスキンミルクは、お客様にお好みに合わせて、私たちが選択します。
アフターシェーブローションを選択する時には、肌の乾燥の具合や、肌の健康状態を、主な判断材料にします。
また、必要に応じて、特別な化粧水や、スキンクリームも使用します。
Caratでは、シェービングの後に使用するスキンケア用品は、無香料の化粧品を使用します。
これは、使用したローションのにおいが、気に入らなかったり、つけ心地がベタベタしたりして不快な思いをする事がないようにと言う配慮です。


以上でシェービングの施術は終わりです。

女性の場合は、この後、フェイシャルエステに続きます。
エステの詳しい施術はCaratのオリジナルエステからご覧になれます。


ところで・・・
シェービングで使用するカップとブラシ
上の画像は、床屋さんで良く見かけるシェービングカップとブラシです。
Caratでは、シェービングカップやブラシは、レディスシェービング(女性のお顔そり)や、お肌が弱い方を施術の時、もしくは特別なシェービングフォームを使用する時だけに使用します。
その上、シェービングカップとブラシを使用する時には、一客ごとに丁寧に洗浄し、完全に乾燥させた物しか使用しません
この器具を、一日中洗わずに使っている理容室を見かけますが、それは、決して衛生的ではありません。

そして、レザー(かみそり)は・・・
替刃式のレザー(カミソリ)
シェービングに使用するレザー(カミソリ)は、上の画像の様に、刃先を一客ごとに交換できる「替刃式のレザー」を使用しています。
なぜなら、最も衛生的だからです。
また、ヒゲが濃い人の逆ぞりをするには、4枚式の安全カミソリを使用します。
当然ですが、この時も、刃先を一客ごとに交換します。
これは、
逆ぞりによる、肌のダメージを、最小限にするためです。

alt=””Caratでは。シェービングの定義は「ひげそり」ではなく「お顔そり」です。
「ひげをそる事」は簡単です。
しかし「顔そり」は繊細な仕事です。

理容師の行うシェービング(お顔そり)は、高等な技術力が必要とされる特別なサービスです。
・・・だから、Caratでは、そういった細やかなシゴトにこだわります。

Caratのサービスのお値段
女性の方はこの後エステがついてます。Caratのオリジナルエステからどうぞ!