今回は、Caratに入社した新人の紹介をします。

 

2018年の10月からCaratに新人が入りました。

あだ名は「うちなんちゅヒナ」といいます。

彼女は、中学生の頃から理美容に興味があったらしく、職場では明るく仕事に励んでいます。

 

Caratの新人のスタッフ新人スタッフのヒナさんは、沖縄生まれですが名古屋で育ちました。

なので、沖縄の方言は話せません。

・・・ということで、あだ名は「うちなんちゅヒナ」という事になりました(笑)。

この業界に就職をしたばかりの新人の仕事は、タオルなどの洗濯や掃除、先輩たちのアシスタントが中心です。

そういった補助的な仕事をしながら仕事の流れを覚えていきます。

早速ですが、シャンプーの練習も開始しました!!

 

新人がシャンプーの練習をする様子上の画像は、就職して3日目にシャンプーの練習をしている様子です。

練習台になってくれるのは、先輩のスタッフです。

シャンプーを教えているのは、別の先輩のスタッフです。

 

 

Caratでは、こうやって働き始めたばかりの新人も、すぐに技術を教えてもらいます。

なぜなら、アシスタントの仕事だけでは退屈してしまうからです。

 

先輩のスタッフがシャンプーを教える様子この画像は、シャンプーをする時の細かい注意点を教えてもらっている様子です。

新人のスタッフでも、「やる気」のある人なら、早く仕事を覚える事ができます。

Caratでは、約2年でカットもできるように指導します。

なぜ、Caratは仕事を早く覚えられるのか?

 

昔の見習い期間中は、厳しい上に新しい仕事をなかなかやらせてもらえませんでした。

長い下積み期間が嫌になって、辞めていく人も多くいました。

仕事を早く覚えて、お客様に良い評価を頂くようになると自信がついて、理美容の仕事がもっと好きになります。

自分に自信がつくと、少々の壁も乗り越えられるようになります。

今回の新人さんも、理美容の仕事を通じて自分に自信を持てるようになって初志貫徹して立派なヘア・スタイリストになってくれる事を願っています。