理美容師が皆様にお伝えしたい事をお知らせします。


      理容師、美容師のコラム
Caratを経営する現役理容師が情報発信します。
皆さんが知らない業界の事なども伝えたいと思います。
Caratのオーナーのコラムです。

お客様のプライバシーや個人情報を扱うことについて。

今回は、僕が個人情報(プライバシー)について思う事と、理美容室を経営する中で気をつけている事をお知らせしたいと思います。

色々な店のポイントカードや会員カード
私たちが、色々な店でサービスを受けたり買い物をしたりすると、ポイントカードや会員証を発行してくれます。
上の画像は、僕が持っているカードの一部ですが、カードが多すぎて全てを財布に入れることができません。
きっと皆様も同じではないかと思います。
このようなカードの種類はいろいろで、会員証として発行されるものやポイントが貯まるもの、割引をしてくれるものがほとんどです。
中には、会員カードを発行してもらわないとサービスを利用できない場合もあります。

こういったカードを利用すると、色々な商品を安く買うことができたり、お値打ちにサービスを受けることができますが、僕は特別な事情がない限り使わない事が多いです。

なぜなら、僕は他人に管理されることが好きではないからです。

企業やお店がカードを発行する理由は、次のような目的があります。
  • 来店客の囲い込み(常連客にするため)。
  • 顧客を管理するため。
  • 顧客が購入する商品やサービスの傾向を把握するため。
要するに企業は、来店客の「個人情報」や「購入履歴のデータ」や「趣向」を手に入れるためにカードを発行します。

僕は、サービスや商品が気に入ったら、ポイントや割引が無くても再び利用します。
気に入ったお店があれば、自分の好きな時に利用します。
また、売り手側に伝えたい情報がある場合は、自分の方から伝えたいです。

ですから、僕はポイントカードや会員証を発行してもらうために個人情報を提供することは可能な限り断ります。
無料でポイントカードを発行してもらっても、ほとんど使うことはありません。

Caratのカルテの表面
しかし、そんな僕もヘアサロンを経営しているので個人情報を扱います。
上の画像は本店「Carat」と姉妹店「南風」で使っているカルテです。
サンプル様に僕の名前でカルテを作ってみました。

僕たち理美容師は、お客様の要望や髪質に合ったサービスを提供する仕事なので、ある程度のデータが必要になります。
お客様の職業や趣味や年齢なども、ヘアスタイルの提案をする時に知っておく必要があります。
そういった情報は、接客をしながら把握をして記入します。

しかし顧客の住所や電話番号は、僕たちが把握する必要が無いので記入しません。
なぜなら、こちらから連絡することは無いからです。

その上、スタッフを指名する方の場合は、担当者との関係性が構築ができたらカルテを使わないようにします。
ある程度の期間が経過したらカルテを消去します。
なぜなら、僕たちは「人と人が接する仕事」だからです。
自分が担当する顧客の事を覚える事は当然の事だからです。

Caratのカルテの裏面
これはカルテの裏面の画像です。
来店の周期も記入してありますが、1年以上の付き合いがある顧客であれば来店した時の髪形を見ればわかります。
購入した整髪料も、いつも仕上げをする時に使っているので技術者が把握するのは当然の事です。
僕がお客様の立場なら、顔を見ただけで自分の事を覚えてくれているようなサロンを信用します。

Caratがある名東区は転勤族が多い地域なので、顧客の入れ替わりが多いです。
ですからCaratのカルテは、新しいお客様の事を覚える間だけに使うようにしています。

他人の個人情報を手元に置いておきたくありませんし、お客様を管理したいなんて思っていないからです。

Caratのポイントカード
僕のお店ではポイントカードも発行しています。
これを使って顧客の利用状況を把握しようと考えていないので、発行枚数は把握できていません。

このカードを利用してポイントを貯めると数千円のキャッシュバックを受けることができますが、その利用履歴のデータも取っていません。

※このカードについては、「お客様に渡している物」を見てください。

これは単に感謝の気持ちを形にしただけのカードなので、持っていなくてもCaratを利用できるし、受けるサービスが変わることもありません。

僕は、お客さまを割引やポイントで囲い込もうと考えていないし、顧客の動向をデータ化していないので、少し古いタイプの経営者なのかもしれません。
きっと、経営が上手な事業主や経営コンサルタントからは、駄目出しをもらうと思います。
しかし、自分自身が管理されるのが好きではないのでしょうがないです。

しばらくは、「カルテに頼らず」「ポイントカードに頼らず」のスタンスでやっていこうと考えています。
アナログ的な考えかもしれませんが、接客業は「情報収集」や「顧客管理」ではなく、「人と人の関係作り」が一番大切だと思います。



アイコン過去のコラム
第1話  ホームカラーで気を付けてほしい事
第2話  理美容師のハサミのお話 
第3話  タオルとかカットクロスのお話 
第4話  問屋さんの様子 
第5話  理容と美容の違いって? 
第6話  展示会の様子 
第7話  ヘアサロンを開業する時に必要な事 
第8話  良い理容店の条件と業界の歴史 
第9話  御存じ?ヘアカラーとヘアマニキュアの違い 
第10話  効くの?効かないの?育毛剤のお話 
第11話  国家資格のお話 
第12話  コーム(櫛)のお話 
第13話   講習会の様子
第14話  円形ハゲ(円形脱毛症)ができてしまった場合の対処法とは  
第15話  シャンプーの選び方と正しいシャンプーのやり方  
第16話  気になる男のニオイの解消法  
第17話  プロが教える上手に自宅で髪を染める方法 
第18話  安い床屋と普通の床屋の違い 
第19話  花粉症?頭皮のかゆみをおさえる身近な方法  
第20話  教えます!!髪が薄くなった時は、どんなヘアスタイルが良いのか?  
〒465-0091
愛知県名古屋市名東区よもぎ台2-917
TEL.052-760-4017

営業時間
「平日」10:30~21:30
「土日祝日」8:00~19:30

今月の定休日はCaratの営業日と価格  

WEB http://carat.nagoya/