名古屋の理容師、美容師が皆様にお伝えしたい髪の事や理美容業界の事をお知らせします


      理容師、美容師のコラム

理容師、美容師の目線から髪の毛やスタイリング剤の事や、業界の事を皆様にお伝えします。

理容師や美容師の、見習いのスタッフが、カットができるようになるまでの道のり。

alt=””今回は、理容師や美容師を目指して就職をした若者が、お客様のカットをできるようになるまでの様子を、お伝えしたいと思います。
かつては「床屋さんや美容院の世界は、修業が厳しい」などと言われた時代がありましたが、時代は変わっています。
私が見習いとして働いていた頃に比べると、随分と就業の様子は、変わりました。
今回は、Caratのスタッフのアミさんを例に、若手の理美容師が、技術者として成長していく様子をお伝えしたいと思います。

就職したての新人の様子
これは、Caratに就職したばかりの頃のアミさんです。
「将来は自分のお店を持ちたい」と、希望に満ちた笑顔を、しています。
現在では、理容師や美容師は、専門学校を卒業すれば、国家試験を受ける事ができます。
だから、国家資格を取得することは、そんなにむつかしいことではありません。
しかし、この業界で働くには、国家資格だけでなく、相応の技術を身につけることが、必要になってきます。
専門学校では、国家資格を取得するための勉強しか教えてくれません。
残念ながら、国家資格を持っている人でも、実際にサロンで働いた経験がない人は、正直言って何の役にも立たないのです。
だから、実際に理容室や美容室で働いて、スタイリストとして必要な、技術を身につける必要があります。

理美容師に必要な国家資格については、理容師と美容師に必要な国家資格について、くわしく解説
を、ご覧ください。

当社の社宅の様子
Caratで働いているスタッフは、全員が、お店の近くに住んでいます。
上の画像は、Caratのスタッフが住んでいる住宅の様子です。
私が、若いころに、理美容師の見習いとして働いていた頃は、お店に、住み込みで働いたり、寮に入って働くのが主流でした。
住み込みや、寮生活の場合は、集団生活が基本でした。
しかし、現在、Caratでは、1kタイプの賃貸住宅を、家電や家具も完備して、提供しています。
いわゆる一人暮らしです。
こういった福利厚生も、以前よりも、随分と良くなりました。

しかし、一人暮らしをするということは、自分で、身の回りの事は全てやらなくてはいけません。
炊事洗濯や部屋の掃除も自分でやらなくてはいけませんし、健康管理もしなくてはいけません。
Caratは、若い人に、そういったことも身に付けてほしいと考えているので、社員の全員に一人暮らしを、推奨しています。

当店の賄いの様子
Caratでは、本店と支店の、各店舗で、賄いの当番があります。
賄いの当番の仕事は、スタッフの全員分の、一日分の、ごはんとみそ汁を作る事です。
こういう仕事も、社会人としての大切な勉強の一つです。
理容師や美容師の技術だけを身につけても、ヘア・スタイリストとして成功はしません。
お互いが協力し合うような協調性がないと、お客様に愛されるスタイリストになれないからです。
Caratで、3カ月以上働いているスタッフは、全員が、おいしいごはんと、おみそ汁を作れるようになれます。
女性の場合は、料理を覚える事は、嫁入り修業にもなります(笑)。

新人が初めてシャンプーをする様子
就職をして約1カ月間は、掃除やタオルなどの洗濯、そして先輩のスタッフなどのアシスタントの業務をします。。
こういうアシスタントの業務をしながら、理美容の仕事の流れを覚えていきます。
そして、アシスタントの業務をしながら、シャンプーの練習をします。
シャンプーの練習をする時には、先輩たちに練習台として、モデルをお願いします。
シャンプーは、どの理美容室でも一番最初に覚える技術です。
理容師、美容師の基本といえる大切な技術です。
上の画像は、就職してから2カ月目に、はじめてお客様にシャンプーをした時の様子です。
シャンプーができるようになるまでに、毎日練習を繰り返してきました。

Caratのシャンプーについては、Caratの気持ちの良いシャンプーのご紹介を、ご覧ください。
理美容師の講習の様子
これは、就職をしてから約2カ月が経過した頃の、講習会の様子です。
この講習会は、数件のヘアサロンのスタッフが集まって、ヘアカラーについての勉強をしました。この日の講習会の内容は、各店舗に就職をしたばかりの新人のスタッフに合わせて、ヘアカラーの基本について教えてもらいました。
この講習会は、仕事が終わってからの夜間に、行われました。
若手のスタッフは、こうやってお店の外の講習会にも積極的に参加して、勉強をします。
そして、こういう場で、技術や理論を勉強するだけではなく、自分と同じようにスタイリストを目指している友達と出会います。

理美容師の講習会については理容師や美容師が講習会で勉強をする様子を、ご覧ください。

シェービングを教わる様子
就職をしてから約3カ月が経過すると、シャンプーの他に、いろいろなマッサージの技術を習得します。
Caratは、マッサージのメニューが多いので、覚えるのも大変です。
マッサージを繰り返し練習したら、先輩のスタッフの全員にテストをしてもらいます。
先輩のスタッフから、合格がもらえたら、次は勤務する店舗の店長に、最終的なテストをしてもらいます。
そして、店長のテストに合格すると、お客様への施術が、許可されます。
この様に、技術を覚えたら、上司にテストをしてもらって、テストに合格したら、お店で施術をすることができるようになるシステムを「オーディション制度」といいます。

上の画像は、就職をしてから4カ月目に、全てのマッサージを合格したあみさんが、今度は、シェービング(顔そり)を先輩に教えてもらっている様子です。
美容師は、法律で、シェービングをすることはできませんが、理容師は、シェービングをすることができます。
だから、Caratでは、理容師として、シェービングの技術を習得する必要があります。
シェービングは、刃物を使用する技術なので、危険を伴います。
これまでの、マッサージの技術以上に、慎重さが求められます。
最初のうちは、練習用のマネキンを使用して、練習をします。
シェービングを、練習する期間は、人それぞれですが、平均すると、約2カ月程度の期間を要します。
シェービングの練習は、練習用のマネキンを使って練習が終わると、次は、実際に人間をモデルとして練習をします。
練習のモデルは、先輩のスタッフだけではなく、友人にも、お願をいして、何度も、繰り返し練習をします。
・・ちなみに、よく「シェービングの練習に風船を使うんでしょ?」と、聞かれることがありますが、風船は使用しません。
おそらく、昔のテレビ番組のコントの影響だと思います(笑)

Caratのシェービングについては、くわしく解説!!Caratのシェービングを、ご覧ください。

マネキンでカットの練習をする様子
就職をしてから約1年が経過をすると、お客様に、シェービングも施術します。
その他に、基本的なヘアカラーや、ワインディング(パーマをかける事)や、エステなどの技術も習得します。
マッサージ、シェービング、パーマ、ヘアカラーなどを覚えると、次はカットです。
カットの練習は、とても奥が深いので、「テストに合格したら、すぐにお客様に施術」、という訳にはいきません。
まず最初は、「基本的なカットの方法」を、覚える事から始めます。
上の画像の様に、カットの練習用のマネキンを使用して、基本的なカットの練習を、何度も繰り返します。

児童養護施設でカットをする様子
練習用のマネキンを使用して、基本的なカットができるようになると、今度は、実際に人間の髪を切らせてもらう機会が必要です。
Caratでは、社会貢献活動で、無料出張カットを実施していますが、こういう機会を利用して、若手のスタッフも、実際にカットをさせていただきます。
上の画像は、岐阜県の児童養護施設で、子どもたちのカットを、させていただいている様子です。
このような場で、先輩たちに指導をしてもらいながら、カットの技術を身に付けていきます。

Caratの社会貢献活動については、(株)Caratの社会貢献活動を、ご覧ください。

お客様のカットをさせていただいている様子
これは、アミさんが、Caratに入社をして、2年目の春の画像です。
常連のお客様の中には、「若い子に切らせてあげていいよ」という方も、いらっしゃいます。
そういった、お客様のご厚意で、お店で初めてカットをさせていただいた時の様子です。
緊張しながらも、難しい「刈り上げのカット」を、しました。
このような、心ある方のおかげで、Caratのスタッフも、成長をする事ができます。
こういう機会は、技術だけではなく「感謝の心」も、身につきます。

後輩にシャンプーを教える様子
就職をしてから、2年目になると、後輩も入ってきます。
この画像は、後輩にシャンプーを教えている様子です。
一年前には、教わる立場だったのが、今度は、教える立場になっています。
こういう風に、「後輩に仕事を教える」という事は、「先輩として責任感を持つ」という事を覚えます。
技術だけでなく、こういうことも、非常に大切なことです。

お客様のデザインカットをする様子
こちらの画像も、常連のお客様の、ご厚意で、カットをさせていただいている様子です。
ここでは、基本的なカットではなく、「ツーブロックのヘアスタイル」という、デザインが入ったカットを、させていただいています。
このような機会を与えていただくおかげで、カットの技術が、次々と上達していきます。
この頃には、基本的なカットを、お店でする機会が、少しずつ増えてきました。
彼女を指名するお客様も、少しずつ出てきました。

営業中の店内の様子
そしてこれは、現在の、お店の様子です。
画像では、だれが若手で、だれがベテランのスタッフなのか、わかりません。
Caratでは、若手のスタッフでも、約2年くらいで、カットができるように指導をします。
当然、カットの技術の品質にもこだわります。
Caratでは、一般の理容室や美容室よりも、早く仕事を覚える事ができます。
しかし、技術を身につけるためには、本人の努力が必要です。
その上、「同僚の協力や、お客様のご厚意と、理解のおかげで成長ができる」という感謝の気持ちを持つ事も必要です。
また、カットが、できるようになっても、勉強をすることは、たくさんあります。

今回の、「見習いの若手のスタッフがカットができるようになるまで」は、いかがでしたか?
理容師や美容師は、実に、多くの方に支えられて、育てていただいているのかを、ご理解いただけましたでしょうか?

これからも、みんなで、感謝の気持ちを忘れることがないように、精進していこうと思います。


アイコン過去のコラム
第1話  ホームカラーで気を付けてほしい事
第2話  理美容師のハサミのお話 
第3話  理美容室のタオルとかカットクロスのお話 
第4話  理美容業界の問屋さんの様子 
第5話  理容と美容の違いって? 
第6話  理美容業界の展示会の様子 
第7話  理容室や美容室を開業する時に必要な事 
第8話  良い理容店の条件と床屋さんの歴史 
第9話  御存じ?ヘアカラーとヘアマニキュアの違い 
第10話  効くの?効かないの?育毛剤のお話 
第11話  理容師、美容師の国家資格のお話 
第12話  理容師のコーム(櫛)のお話 
第13話   理容師、美容師の講習会の様子
第14話  円形ハゲ(円形脱毛症)ができてしまった場合の対処法とは  
第15話  シャンプーの選び方と正しいシャンプーのやり方  
第16話  理美容師から見た気になる男のニオイの解消法  
第17話  プロが教える上手に自宅で髪を染める方法 
第18話  安い理美容室と、普通の理美容室の違い 
第19話  花粉症?理容師が教える頭皮のかゆみをおさえる身近な方法